〜今日はこんなことがありました〜(livedoor本店)

まさきちB-log −司法書士と子育てをしています−

2013年08月

ステージ靴始まった5

暑い週末になりましたね。
明日まで夏休みの学校が多いと思いますが、我が家の子どもたちはすっかり夏休み気分も抜けているようです。
しかも、今日はさっそく土曜授業の日でしたから。
そんなわけで、日能研の公開模試は明日の後日受験となります。

さて、昨日から「ステージ掘廚始まりました。
ステージ靴蓮5年生の7月までと、長丁場になりますね。
ウチは、算数からのスタートになりました。
ステージ兇僚盤は、図形や○○算などが続いていましたが、ステージ靴賄榲鵑両数計算祭から始まりました。
学校でも勉強をしている小数なので、少しは入りやすいでしょうかね?

ところで今週のブログにも書きましたが、火曜日に特別選択講座の「スキルアップB読解」を受講しました。
特別選択講座
先日のコメント欄にも書きましたが、日能研からのオススメは「チャレンジA長文」だったのですが、どう考えても読解の方が必要だと思い、読解の方を受講しました。
ちなみに、算数もAとBの2講座がありましたが、そちらは受講しませんでした。
この特別選択講座ですが、いただいたコメントによると教室によって開講講座が違うようですね。
「日能研シラバス」によると、ステージ供銑垢泙任3学年の期間で100タイトルあり、各教室で選択して開講していると書いてありました。

で、「スキルアップB読解」の内容ですが、ここからは先日のコメントと同じ内容になります。
冊子冒頭の「はじめに」に「この講座は選択肢・ぬき出し問題を中心にして、文章に書かれていることをとらえるための講座です。」と記載されています。

いつものテストと同じような選択肢・ぬき出し問題なのですが、各設問後に「★こうやって考えよう!」と言う記述があり、「●ア〜エの選択肢にあたる部分を、本文中から探し線を引いてみよう。」とか「●何を「信じていた」のですか。それがわかれば解答が決まります。」などの考え方のテクニックを学びながら読解していくと言う物でした。

まぁ、一度の解答では解法は身につかないと思いますので、同じ問題を繰り返してテクニックをおぼえて行ければと思います。
受講して良かったです。

二女、学校のプール終いと初の2個メテスト5

8月ももうじき終わりですが、ここに来て暑さがぶり返してきました。
夏休みが終わり、今週から学校が始まったわけですが、二女たち1年生は今日の水泳の授業が今年最後だったようです。

最後の授業と言うことで、検定があったようです。
夏休み中の検定で特1級(クロール25Mを28秒)まで合格をしていたので、最後のがんばりで特C級まで行けるか?・・・と思っていましたが、甘くないですね。

特C級の合格基準は、クロール50Mを55秒。
二女のタイムは、58秒だったそうです。
まぁ、いつものタイムですので、現段階では調子良く泳げたようですね。

ちなみに、特1級だった子は二女を含めて3人。
3人とも特C級には合格できなかったようです。
1年生から6年生まで、合格基準が同じなので難しいですよね。

そんなわけで、二女の1年生最終級は特1級と言うことになりました。
長女の同時期は1級でしたので、よくがんばったと思います。
1年後が楽しみです。

そして夕方からはスイミングクラブ。
1級をめざして、初の200M個人メドレーのテストでした。

1年生の合格基準は、5分です。
二女のタイムは、5分18秒92でした。
とにかく、200M泳ぎきれたので良かったと思います。

上級クラスにクラス変更をしてから約1か月。
週3回の練習をがんばっているので、近いうちに合格できると信じています。

ちなみに、長女が200M個人メドレーのテストを初めて受けたのが2年生の7月。
その時のタイムは、5分25秒41でしたので、学校だけでなく、こっちでもがんばっていると思います。

「登記義務者の所在が知れない」ことを証する書面5

先月、休眠抵当の抹消登記が完了したことを書きましたが、今月号の登記研究「実務の視点(51)」で「抵当権者の所在が知れない場合の抹消登記の申請手続」に関する記述があります。
もうチョット早い号に掲載されていれば、参考資料になったんですけどね。
掲載記事の中にも記載されていることですが、何点か思い出したことを書いてみます。

今回、利息計算以外の部分で一番厄介だったのが「登記義務者の所在が知れない」ことを証する書面です。
これには・・・
1.登記義務者が登記記録上の住所に居住していないことを市区町村長が証明した書面
2.登記義務者の登記記録上の住所に宛てた被担保債権の受領催告書が不到達であったことを証する書面
3.警察官が登記義務者の所在を調査した結果を記載した書面
4.民生委員が登記義務者がその登記記録上の住所に居住していないことを証明した書面
・・・などがあります。

上記のうち、いずれか1点を提供することで足りるものとされていますが、現実的なのは「1」か「2」ではないでしょうか?
ちなみに「2」に関しては、「配達証明付郵便によることを要する」とされています。

で、「1」または「2」を利用しようと思っても、いくつかの実例(質疑応答)が出ていまして。

法142条3項後段の規定による登記の申請の手続(登研493号)
 ○要旨 登記義務者たる抵当権者について登記簿上の住所地に住民票がない旨の市区町村長の証明書は、登記義務者の行方不明を証する書面に当たらない。
 ▽問 法142条3項後段の規定に基づく登記の申請において、登記義務者たる抵当権者が現在登記簿上の住所地に住民票のないことを市区町村長が証明した書面は、細則45条前段の登記義務者の行方の知れないことを証する書面に当たると考えますが、いかがでしょうか。
 ◇答 消極に解します。

上記は、「不在住証明書」の内容に関する物ですが、「住所地に住民票のないことを証明します」とか「住民票に記載がない旨を証明します」と言う内容の証明書は、登記義務者の行方不明を証する書面にはならないと言うことですね。
つまり、「住民票が存在しない=そこに住んでいない」と言うことにはなりません。
登記義務者の行方不明を証する書面とするには、「住所地に居住していないことを証明します」と言う内容でなければならないようです。

実は、今回私が取得した不在住証明書も「住所地に住民票のないことを証明します」と言う内容でしたので、登記義務者の行方不明を証する書面にはなりませんでした。
このような質疑応答が出るぐらいですから、「住所地に住民票のないことを証明します」と言う証明の市区町村は多いのではないかと思います。

休眠担保権抹消の場合の行方不明を証する書面(登研560号)
 ○要旨 休眠担保権の抹消登記の申請書に添付する受領催告書の差出人は、登記申請の代理人でも差し支えない。
 ▽問 いわゆる休眠担保権の登記の抹消の申請書に添付する登記義務者の行方不明を証する書面は、被担保債権の受領催告書が不到達であったことを証する書面で差し支えないこととされています(昭和63年7月1日民三第3456号民事局長通達第3の4)が、受領催告書を郵送する際の差出人は、登記申請の代理人でも差し支えないと考えますが、いかがでしょうか。
 ◇答 御意見のとおりと考えます。

上記は、申請代理人であれば一切の権限を委任されているのが通常なので、抹消登記の前提となる受領催告書の郵送に関しても委任事項に含まれていると考えられるからです。
本人宛てに戻って来て、それをまた受け取るとなると面倒ですからね。
今回は、私が代理人となり発送をしました。

休眠担保権を抹消する場合における登記義務者の行方不明を証する書面(登研539号)
 ○要旨 「受取拒否」の付せんを付して返送された配達証明付郵便は、登記義務者の行方不明を証する書面とならない。
 ▽問 休眠担保権を抹消する場合において、登記義務者に発送した配達証明付郵便(ハガキ)が、登記義務者の相続人が自己の関知しないことであるとしてこれを受領しなかったため、「受取拒否」の付せんが付されて返送されてきたときには、これをもって登記義務者の行方不明を証する書面として使用できるものと考えますが、いかがでしょうか。
 ◇答 消極に解します。

上記のとおり、「受取拒否」が理由で返送された配達証明付郵便は、登記義務者の行方不明を証する書面となりません。
拒否をしたということは、本人や相続人が存在している可能性があるので、「登記義務者の所在が知れない」とは言えないというのが理由です。

返送された配達証明付郵便に、「あて所に尋ねあたりません」と言うスタンプが押されていれば登記義務者の行方不明を証する書面となることは当然ですが、その他にも「あて名不完全で配達できません」と言うスタンプでも利用することができます。
この、「あて所に尋ねあたりません」や「あて名不完全で配達できません」の意味に関しては、日本郵便のサイトに掲載されています。→主な返還理由

そんな感じで何かと面倒な休眠担保の抹消ですが、一度受託すると手続きの流れがつかめるので、次回からはやりやすくなるのではないでしょうか?

来年度の「チャレンジ(進研ゼミ小学講座)」5

昨日から学校が始まり、今日から給食が始まった子どもたち。
妻の弁当作りも終了しました。

そんな長女ですが、今日は日能研の「特別選択講座」を受講しに行っています。
夏期講習の延長ですね・・・夏休みは終わってるけど。
特別選択講座に関しては、日能研から今までのテストの内容を勘案したオススメ講座を書いた申込用紙を渡されたのですが、そんなに多くの講座を受講したくないこともあり、今回はオススメではない講座を一つだけ受講することにしました。

受講しているのは「国語・読解スキルアップ」です。
時間は、本科よりも長い16時50分〜20時45分。
どんな内容の講座だったのか、感想を聞くのが楽しみです。

そして二女。
先日届いた「チャレンジ1ねんせい」に、2014年度から始まる「チャレンジタッチ」の案内が同封されていました。
専用のタブレット端末を無線LANに接続して利用するようです。
従来の紙媒体のチャレンジのような、付録教材は一切ないようです。
また、「赤ペン先生」の問題ですが、年3回はついているようですね。

で、結論ですが、我が家は従来どおりの紙媒体の「チャレンジ2年生」を受講する方向です。
私自身、デジタル物は大好きなんですよ。
実際、「チャレンジタッチ」も利用してみれば、動きや音声もあり便利で子どもの興味も引くと思います。

でもアナログかもしれませんが、2年生の学習段階では「紙と鉛筆」だと考えています。
やはり学校や塾での基本は、紙と鉛筆なんですよね。
どんなにデジタル媒体が進化しても、現時点では鉛筆で紙に書く感覚には程遠いと思いますし。

そんなわけで来年度以降も、毎月「赤ペン」をポストに投函することになりそうです。
と書きつつも、デジタル物好きとして、興味はありますけどね。
「チャレンジタッチ」のサイトで、どちらが向いているか診断もできるので、興味がある方は試してみてはいかがでしょうか?

バタバタした夏休み最終日5

我が家の子どもたちの夏休みは今日で終了。
明日から学校です・・・と言っても二学期制なので新学期ではなく、前期の残りですね。

そんな夏休みの最終日、午前中は長女と泳ぎに行ってきました。
再来週に開催される区の水泳大会に出場するので、長水路での練習のためです。

ここ数回行っているプールが利用できない日だったので、別のプールへ。
千葉県国際総合水泳場に行って来ました。
こちらもメインプールは、千葉県高等学校選手権水泳競技大会のため利用できませんでしたが、サブプールは利用できました。
サブプールと言っても、50M×8コースと言う規模です。

2時間弱泳いだので、親子で良い運動になりました。
それにしても長女の長水路でのタイムは伸びませんでした。
今日で長水路での調整は最後になると思いますので、あとは本番の雰囲気と勢いと水の流れで少しでも良いタイムが出ればと思っています。

そして午後は、長女の友だち4人と二女の友だち4人が遊びに来まして。
もう、いる場所もない状態でした。
まぁ、夏休み最後の日なので、友だちと楽しむのも良いでしょう。

その後、私の両親と一緒に夕飯を食べに行きました。
この夏休み中は、母にも子供たちの面倒を見てもらっていたので、打ち上げですね。
チョット食べ過ぎた感もあり、まだお腹が一杯です。

と言うことで、何事もなく無事に夏休みも終わりました。
明日からは元気に登校してもらいたいですね。

買戻権抹消と登記原因証明情報(2013年)5

ここのところ夜の集まりが多かったので、ブログが3日ほど空いてしまいました。
木曜日のスイミングが終わった後ですが、同じクラスの親子でファミレスに行って、夕飯を食べてきました。
今のクラスでは、我が家は新参の方です。
上級クラスなので、みんなスイミングのことを真剣に考えていますよね。
色々と情報交換ができたので良かったです。

さて本題です。
これまで2回ほど、買戻し期間の満了を原因とする買戻権抹消と登記原因証明情報に関することを書いたことがありました。

2011年4月19日
2012年6月22日

双方とも、千葉県住宅供給公社の買戻権抹消の手続きでした。
その後、千葉県住宅供給公社の買戻権抹消登記は受託していませんが、現在でも公社のサイトには「登記原因証明情報については、買戻期間満了後の登記抹消では添付を要しないことで法務局と協議済みです。」との記載がされています

昨日事務所に届いた「登記研究」。
第785号(平成25年7月号)135ページのカウンター相談244に、「買戻しの期間の満了を原因とする買戻しの特約の登記の抹消を申請する場合における登記原因を証する情報の提供の要否について」が掲載されていました。
内容は・・・

問 買戻しの期間の満了を原因とする買戻しの特約の登記の抹消を申請する場合には,たとえ登記記録上その期間が満了をしたことが明らかであるとしても,その添付情報として,登記原因を証する情報を提供しなければならないものと考えますが,いかがでしょうか。

答 御意見のとおりと考えます。

・・・と言うものでした。
登記研究のカウンター相談ではありますが、一応、公式見解になりますかね?

ただ、内容を読んでいて疑問に思うところもあります。
「買戻しについて期限を定めたときは,その後にこれを伸長しないすることができないとされていることから,買戻しの特約の期間が満了する時期については,登記記録上明らかであるかのようにも考えられます。」としつつも、「しかし,(中略)当事者間で合意解除されている可能性も否定することはできず」と言う結論に持って行っていますが、買戻期間満了を原因とする登記申請を当事者が申請をしている以上は、申請がされたことのみをもって、合意解除がされていないと言うことになると思うんですけどね。

まぁ、これまでも千葉県住宅供給公社以外の買戻し権を、買戻期間満了を原因として抹消するときには登記原因証明情報を提供していましたので、提供をするのが原則でしょうね。
と言うことで、本件に関する話題はこれで最後になると思います。

なお、詳細に関しては、必ず登記研究で確認をして下さい。

「えきねっと」を利用してみた5

公私共にパソコンの画面を見ている時間が長いです。
そんなわけで、最近CMで見かけるパソコン用のメガネ(ブルーライトをカットしてくれるメガネ)を購入してみました。
JINSPC
・・・あ、いや、ワンピースとのコラボモデルだから流されて買ったわけでは・・・無いとは言えませんが。
自宅用と事務所用に1つずつ買ってみました。
どれぐらいの効果があるのかわかりませんが、しばらく使ってみます。
てか、メガネが好きじゃないからコンタクトレンズを使っているのに、やっていることが矛盾してるよなー・・・。

さて、9月21日(土)から1泊で静岡に行くことになりました。
ウチの父親が思い立った旅行なんですけどね。
父の出身は静岡でして。
静岡には先祖代々のお墓があり、父方の祖父母もそこで眠っています。
そんなわけで、「たまには墓参でも」と言うことで、墓参のついでに旅行に行くことになりました。

今回、新幹線の指定券と乗車券を購入するのに、JR東日本の「えきねっと」を利用してみました。
以前、使ったことはあったのですが、まったく使っていなかったので登録情報の確認をしたところ、クレジットカード情報が古いままだったり、ところどころ登録変更をする必要がありました。

登録情報の変更後、購入手続きへ。
通常、指定券の発売は1か月前からですが、「えきねっと」を利用すると、その1週間前から事前予約をすることができます
と言っても、あくまで予約ですので、手配は一般と同じ1か月前からになります。
そんなわけで、現時点では購入確定ではありません。

「えきねっと」から購入した券の受け取りには、3つの方法があるようです。
「指定席券売機」と「みどりの窓口」と「びゅうプラザ」。
一番手っ取り早いのは「指定席発券機」ですかね?

普段、あまり鉄道を利用しないので、わざわざ駅まで行くのは面倒ですが、明後日は出かける予定があるので、ついでにその駅で発券をします。
とにかく窓口で並ぶ必要がないのでラクだと思います。

今日で夏休み終わり5

先週の水曜日から夏休みをとっていましたが、今日で終わりです。
5日間の休みでしたが、1泊2日の旅行に出かけたので、あっという間の5日間でしたね。
でも、ゆっくりできました。

最終日の今日は、朝から子どもたちを連れて長水路プールに行ってきました。
このプールも夏季のみの営業なので、我が家が行くことができるのは今日が最後になります。
二女は初の長水路でしたが、4泳法とも泳げたので良かったです。
帰りに、くら寿司で昼ご飯を食べて帰宅しました。

午後からは二女の友だちと、その弟が遊びに来て、一緒に遊んでいます。
友だちの弟は、従弟と同じ年中なんですが、なんて言うか穏やかな男子ですね。
ちなみに従弟クンは、じっとしていることがほとんどありません・・・てか、ほとんど暴れています。
同じ歳の同じ男子でも、比べると面白いですよね。

さてさて、子どもたちの夏休みの宿題ですが、二女の方は完了しました。
実は、二女には+αの宿題がありました。
とにかく乱筆な二女でして。

そんなわけで、乱筆な子を対象に、視写(書き写し)の宿題が出されました。
二女から聞いたところによると視写の宿題が出たのは5人ぐらいだったとか。
この夏休みで、少しは字が上手になるかと思いましたが・・・あんまり変わりませんでしたね。
今後は漢字もおぼえなければならないし、前途多難です・・・。

そして長女は自由研究でつまづいています。
先日も書いたとおり、読売KODOMO新聞の記事の中から気になった物を切り抜いてノートにまとめているわけですが、コメントが書けなくて困っています・・・どのようなコメントを書くかを調べるからこその自由研究なんですけどね。
記事を切り抜いて、ノートに貼り付けるほうに重点を置いてしまっているような気がします。

ちなみに、学校の夏休みは25日で終了。
26日から前期の残りの授業が始まります。
生活スタイルが休みモードになってしまっているので、この一週間で切り替えていかねば。

1泊2日で箱根に行ってきた5

日能研は、今日から夏期講習が始まる方も多いでしょうね。
ウチの娘は「中期」の受講でしたので、終了しています。
そんなわけで、昨日・今日と1泊2日で箱根に行ってきました。

今回はクルマではなく鉄道で箱根へ。
家族で箱根に行くのにクルマを利用しないのは初めてでした。
箱根は行きやすい場所です。
妻も同じようですが、子どものころから何回行ったかわかりません。

長女は3回目、二女は2回目の箱根です。
今回も前回と同じ「箱根ホテル小涌園」に宿泊をしました。
昨日は併設の温泉施設であるユネッサンで過ごしました。
まぁ、プール好きの我が家の娘たちですので、思う存分楽しんでいました。

当然ですが、私も楽しめました。
期間限定温泉で「ガリガリ君ソーダ風呂」がありまして。
スーっとする涼しいお風呂でした。
その他もいろいろなお風呂を楽しめました。

二日目の今日は「彫刻の森美術館」へ。
初めて気付いたのですが、ここの英語表記って「THE HAKONE OPEN-AIR MUSEUM」って書くんですよね。
日本語表記とまったく違いますね。

いやー、広大な敷地を歩き回りましたが暑かった!
あせがダクダク出てきました。
ちなみに娘たちはと言うと、あんまり美術品には興味がないようでして・・・。
「シャボン玉のお城」と「ネットの森」で遊んでいたときが一番楽しそうでした。

彫刻の森美術館からは、登山電車で箱根湯本駅まで戻りました。
今回の旅行での最後の楽しみは、湯本富士屋ホテルでのランチブッフェ
少し前にテレビで紹介されていたのを見て、事前に予約をしておきました。
期待どおり、どの料理も美味しかったです。

昼食後、小田急ロマンスカーで箱根を後にし、帰宅しました。
1泊2日と短い旅行でしたが、今回も親子で楽しめた旅行になりました。
それにしても、3食連続バイキングは初めてでした・・・食べ過ぎましたね。

ダラ〜っと夏休み5

先週の「救命病棟24時」。
予告で流れた院長の「進藤一生のこと?」と言うセリフが気になった一週間でした。
で、昨日の放送で明らかになったわけですが、進藤一生が研修医だったころの指導医が院長だったのですね。
とりあえず、作中に「進藤一生」の名前が出てきただけで安心しました。

さて、私は今日から夏休みに入っています。
土日を含めて、5日間の休みとなります。
明日・明後日と1泊の旅行に出かけますが、それ以外はゆっくりできそうです。
さっそく、初日の今日はダラ〜っと過ごせました。

今朝は、妻が子どもたちと長女の友だちをプールに連れて行くということだったので、往路だけ送って行きました。
開門前に送り届けて帰宅。
その後は昼食以外、一歩も外へ出ず。
昼食も家の近所のラーメン屋さんで済ませました。
ちなみに今は、プールから帰って来た子どもたちが、ダラ〜っとしながら「謎ディー」の再放送を見ています。

そうそう、最近「獣電戦隊キョウリュウジャー」を見直しています。
どうも土日の朝、7時30分に目を覚ますのが厳しくなってきまして。
以前は起きられていたんですけどね・・・一昨年ぐらいまで。

そんなわけで、録画はしていたけど見ていなかったキョウリュウジャーをまとめて見ているわけですが、個人的にはスタート時点で5人の戦隊だと安心感があります。
とりあえず、夏休み中に全部見ようと思います。

さて、明日は早起きをして出かけます。
1泊旅行なので忙しいですけど、プール施設で遊び、温泉を満喫してきます。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

本日もお越し頂きまして、ありがとうございます。m(._.)m

同じカテゴリーでの情報を知りたいなら・・・
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ

メッセージ
記事検索
最新コメントの表示
livedoor プロフィール
ただ今の時間は…
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

オススメはコチラ!
月別アーカイブ
QRコード(ケータイは↓から)
QRコード
  • ライブドアブログ