〜今日はこんなことがありました〜(livedoor本店)

まさきちB-log −司法書士と子育てをしています−

2014年01月

二女、久々に進級。5

年末年始のハワイ旅行で、子どもたちも気に入ってくれた、「ウルフギャング・ステーキハウス」のステーキ。
そのときの記事にも書きましたが、いよいよ明後日、アメリカ以外では初出店となる「ウルフギャング・ステーキハウス 六本木」がオープンするようです。

行ってみたいところですが・・・。
家族で行って、ハワイで食べたものと同じものを食べると、25,100円か・・・。
まぁ、何か家族のイベントのときにでも行ってみようかな?

さて、今月から新しいスイミングクラブに通いはじめた娘たち。
まだ、以前のクラブにも通っています。
先週の土曜日は新クラブのテストでしたが、今日は旧クラブのテストでした。

長女は旧クラブの方では、一番上の級まで終わっているので、ひたすらタイムを縮める努力をしているところでして。
今日も50M自由形を泳ぎましたが、自己ベストの37秒11を出しました。
この調子で縮めて行けると良いんですけどね。

二女は特2級だったので、あと3段階の進級があります。
二女も長女と同じく50M自由形を泳ぎました。
1年生の特3級合格基準は、52秒0。
結果は50秒68で合格しました。
残念ながら、特4級の合格基準の50秒2には0秒48届きませんでした。

チョット、ここのところスランプ気味だった二女なので、久々に進級できて嬉しかったのではないかと思います。
1年生の間に進級できるチャンスは、あと2回。
もう一段階でも進級して欲しいところです。

珍しくバタバタした水曜日5

とにかく旅行が好きな我が家。
夏の旅行はどこに行こうか?と言うことになりましてね。
結論として、7月19日〜7月21日の2泊3日で京都に行くことにしました。
さっそく、JTBに希望を打診。
今から楽しみです。

さて、今日はバタバタした水曜日でした。
私の事務所は不動産登記がメインなので、多くの不動産会社が定休日となる水曜日は電話も少なく、落ち着いて事務作業をしていることが多いです。

今日は先日書いた供託手続きの関係で、動き回っていました。
供託申請をしたのは少し前なのですが、今日は東京法務局に供託書正本を受領に行きましてね。
受領と同時に供託証明書の申請をして、その後、明後日立ち会いをする銀行に寄って、抵当権設定書類を預かりました。

事務所に戻り、供託手続きの依頼者に供託書正本を届けた後、地元の区役所に住宅用家屋証明書を取りに行っているときに、東京法務局から電話が。
供託証明書が出来上がったとのことなので、区役所から戻った後、再度、本日2度目の東京法務局へ。

水曜日は道路も比較的空いているので、クルマで行きましたが、電車で行くよりも早く往復できました。
そして依頼者に供託証明書を届けて、供託に関する件はすべて終了。
日頃、やり慣れない業務なので、終わるとホッとしますね。

今回の供託手続きでは、支部の方から参考書籍を借りたりしたので助かりました。
ホント、ありがたいです。
と言うことで、水曜日にしては、珍しくバタバタした一日でした。

恋するフォーチュンクッキー 東京司法書士会Ver.5

「恋するフォーチュンクッキー 東京司法書士会Ver.」です。
広報ということなので、掲載しておきます。
ちなみに私は出演しておりません。

今日はほめよう5

今日の授業で、4年生の全授業が終了した日能研。
本年度も一年間お疲れだったね。
で、カリテの結果も出たわけですが、う〜ん・・・。

基本集計だと、社会>4科目=3科目=2科目=算数=理科>国語。
受験種別集計だと、社会>理科>4科目=算数>3科目=2科目=国語。
今回は、国語と算数の応用問題がボロボロでしたね。
なんつーか、非常に普通な4年生最後のカリテでした。

さて、今日はほめようかと思います。
「合格への漢字」って言う集計表はもらってきていますか?
1年間に受験したカリテ・公開模試で出題された漢字の正解率が集計されていて、間違えた漢字の難度の低いものから、最大50問の練習ができるようになっているプリントです。

漢字の全出題数が250問で、正答が230問(92%)、誤答が11問(4%)、無答が9問(4%)と言う結果になりました。
漢字に関しては、学校のテストでも今年は1問間違えとのこと。
私から見ても、漢字は良く勉強をしていると思います。
この調子で、5年生になっても突き進んで欲しいです。

最大50問掲載される練習用のプリントも20問。
休み中に、キッチリと押さえ直して復習しないとね。

〔追記〕
長女と妻と私で、漢字20問バトルをしました。
結果は・・・長女20問全問正解、私1問ミス、妻3問ミスと言う結果に。
何だかんだ言いながらも、長女は押さえ直しているなー。

カリテとスイミングと新学年ガイダンス5

今日の14時30分ごろですかね?
道を歩いていたら、アタマに何か落ちてきましてね。
ん?と思っていると、空から落ちてくる量が増えてきました。

何かと思ったら、霰でした。
霰が降るなんて珍しいですよね。
ちなみに直径が5mm未満が霰で、5mm以上だと雹になります。

さて、気忙しい週末でした。
昨日は朝の8時からスイミングの朝練。
新しいほうのクラブで大会があり、そのための練習です。
長女も二女も参加しました。

練習は全5回なのですが、参加費ナント!1,500円。
良心的な費用ですよね。
人数も少なかったので、みっちり泳いでいました。

9時に練習が終わり、そのまま長女を連れて日能研へ。
カリテは9時30分集合なので、余裕で間に合いました。
で・・・「終わり良ければすべて良し」と言いますが・・・「終わり悪けりゃすべてダメ」なの???

なんだか、算数が凹凹で国語が凹。
社会・理科も凸とは言えず、フラットな感じ。
そんなわけで、トータルだと凹りそうです。
明日結果が出ますが、どうなることやら。

カリテの後は一輪車教室へ。
こちらも、長女と二女で参加しています。
久々に練習を見に行きました。
少し前には、やっと一輪車に乗っていた二女でしたが、もうスイスイ走っています。
まだまだ細かい技はイマイチですけどね。
コーチと話しましたが、がんばっているとのこと。
この調子で続けて欲しいところです。

一輪車の後は、再度、長女と二女を連れてスイミングへ。
新しいクラブでは、定期的に昇級テストがあります。
二人とも、育成クラスから入ったので、一般クラスのような級はなく、毎月の進級テストはありません。

昨日は2個メと半フリのタイムを計りました。
2個メの方が昇級テストで、半フリの方は毎月の自己ベストチャレンジです。
前のクラブでは、2級→1級のテストが最初で最後の2個メ計測となります。
そんなわけで、長女は2年ぶりの2個メ計測となります。

長女も二女も、それなりのタイムと言ったところでした。
基準タイムで見てみると、1個メと比べてタイム落ちますね。
200Mの距離を、そんなにバテないで泳げるようになると良いんですが。

ちなみに、2個メ後に計った半フリは二人ともイマイチの結果に。
朝練や一輪車もあって、2個メを計った後だったから、疲れちゃったのかな?
来月の自己ベストチャレンジは半ブレ。
どんなタイムが出るのか楽しみです。

そして今日ですが、長女は朝から区のかるた大会へ。
妻が一緒に行ったので、午前中は二女と2人で過ごしていました。
午後から私は、日能研の新学年保護者ガイダンスに参加しました。

受付で封筒を受け取り、教室の席に着席。
ドキドキしながら封筒を開けてみました。
新5年生は、Rクラスからのスタートとなりました。

余談ですが、長女が通っている本部系の教室はRクラスが1つとWクラスが3つの4クラスです。
中にはR・G・Wと言うクラス編成の教室もあるようですね。
Rは「Red」、Gは「Gray」、Wは「White」の頭文字とのこと。
日能研のNマークロゴに使われている3色ですね。

もう一つ余談ですが、日能研番号のこと。
○□N5☆△▽×」だとします。
最初の「○□」は各教室の記号です。
Nの右の数字は学年ですよね。
4から5になっています。
で、この後は、果たしてそうなのかどうかは不明ですが、ネットで調べてみるとこんな感じだそうです。
☆△▽」が前年度の教室内順位とのこと・・・そうならば、3年→4年→5年と下がっとる。。。
最後の「×」は、入力ミスを防ぐためのチェックディジットだそうです。
ちなみに○□教室で、前年度順位が1位だと「○□N50013」となるようです。
先ほども書いたとおり、ネットで拾った情報ですので、すべてがそのとおりなのかどうかは分かりません。

てか、余談が長くなってしまいましたが、保護者ガイダンスに出席した感想ですが、他のブロガーさんが書いていているのと同じような感じでした。
つまり、5年生は大変だよ!ってことですね。
5年生で受験知識の8割を学習し、社会と理科に関しては9割を学習するとのこと。
テキストも厚いですしねー。

授業も週3回になるので、ウマク復習をしていかないと、溺れてしまいそうです。
ちなみに、金曜日が算数、月曜日が社会・理科とオプションの記述演習、水曜日が国語となりました。
算数が金曜日だったので良かったです。

でも、5年生からは2か月ごとにシビアなクラス替えが待っています。
なんとか、今のクラスを維持して行きたいところです。

あ、最後に他のブロガーさんも書いている、本部系改革のこと。
3年生から、子どもたちを見ていてくれた方が、こちらの教室常勤ではなくなってしまい、おそらく子どもたちの授業の時間帯では会えなくなってしまうとのこと。
「みんなで手紙を書くことにした」と言っていて、さっき書いていました。
明日渡すそうです。
私自身も、ずーーーっと話をして来て、長女のことを把握していてくれていたので残念なんですけどね。

教室長もこちらの教室常勤ではなくなるそうでして。
ただ、エリアの中心校ではあるので、勤務している時間は長いとのこと。
でも、「今までのようには勤務はしていません」とのことでした。

年度が替わり、いろいろと変わり、不安もありますが、とりあえずペースに乗せることを第一に考えて行きたいと思います。

つるかめ算と和差算・倍数算5

なんだか、今週はバタバタした一週間でした。
来週も月末週なのでバタバタしそうな感じなので、明日・明後日はゆっくりしたいと思います。
今夜も、長女の勉強を見たあと、リビングで眠ってしまいまして、先ほど目覚めました。

そんなわけで、明日は4年生最後のカリテですね。
ちなみに、今日と月曜日の授業は特別プログラム。
復習や宿題のノート提出がないので気が楽です。

今回のカリテは、算数と社会がチョット不安です。
社会に関しては、表やグラフの読み取りが苦手な長女。
もしかしたら、表からグラフを作成する問題とか出るかも知れませんね。
あと、記述で「家の造り」の問題も出るかも知れないなー・・・書ければ良いけど。

そして算数。
今回は、つるかめ算と和差算・倍数算でしたが、予想に反して、つるかめ算よりも和差算・倍数算の方が苦労していました。
私としては、つるかめ算の方が過程が複雑だと思うんですけどね。
どうも、線分図が描けなかったり、描けても読み取り方を間違えたりしていることも多々あり。

そんな長女ですが、明日は多忙です。
8時からスイミングの大会前練習があります。
9時で終わるので、そのまま日能研に行きカリテ。
カリテの後は一輪車教室に行き、その後は再びスイミングへ。
明日は、2個メと半フリのタイムを計るテストの日です。

まぁ、カリテに関しては各科目ともケアレスミスが無いように、ベストを尽くして欲しいですね。

会社法第141条第2項を法令条項とする供託5

昨年、休眠抵当権の抹消登記のために、供託手続きの代理をしました
まぁ、ウチの事務所では滅多にない供託手続きの代理なんですが、今年は1月から依頼がありましてね。
2年連続で供託事件の受託をするのは珍しいです。

今回の供託は、会社法第141条第2項を法令条項とする供託です。
・・・恥ずかしながら、今回の手続きの流れをよく理解していませんでした。
実際に受託しないと、あやふやな部分って多いですよね?
まだまだ、勉強不足です。

株式の譲渡制限が定められている場合、株主が株式を譲渡するにはその定めにより、取締役会等の承認を受ける必要があります。

(株主からの承認の請求)
第百三十六条  譲渡制限株式の株主は、その有する譲渡制限株式を他人(当該譲渡制限株式を発行した株式会社を除く。)に譲り渡そうとするときは、当該株式会社に対し、当該他人が当該譲渡制限株式を取得することについて承認をするか否かの決定をすることを請求することができる。


(譲渡等承認請求の方法)
第百三十八条  次の各号に掲げる請求(以下この款において「譲渡等承認請求」という。)は、当該各号に定める事項を明らかにしてしなければならない。
一  第百三十六条の規定による請求 次に掲げる事項
イ 当該請求をする株主が譲り渡そうとする譲渡制限株式の数(種類株式発行会社にあっては、譲渡制限株式の種類及び種類ごとの数)
ロ イの譲渡制限株式を譲り受ける者の氏名又は名称
ハ 株式会社が第百三十六条の承認をしない旨の決定をする場合において、当該株式会社又は第百四十条第四項に規定する指定買取人がイの譲渡制限株式を買い取ることを請求するときは、その旨


上記請求をされた会社は、定められた機関により譲渡承認の可否を決めることになります。
その後、請求のあった日から2週間以内に株主に通知しなければならず、その通知をしなかった場合は譲渡承認したものとみなされます。

(譲渡等の承認の決定等)
第百三十九条  株式会社が第百三十六条又は第百三十七条第一項の承認をするか否かの決定をするには、株主総会(取締役会設置会社にあっては、取締役会)の決議によらなければならない。ただし、定款に別段の定めがある場合は、この限りでない。
2  株式会社は、前項の決定をしたときは、譲渡等承認請求をした者(以下この款において「譲渡等承認請求者」という。)に対し、当該決定の内容を通知しなければならない。

(株式会社が承認をしたとみなされる場合)
第百四十五条  次に掲げる場合には、株式会社は、第百三十六条又は第百三十七条第一項の承認をする旨の決定をしたものとみなす。ただし、株式会社と譲渡等承認請求者との合意により別段の定めをしたときは、この限りでない。
一  株式会社が第百三十六条又は第百三十七条第一項の規定による請求の日から二週間(これを下回る期間を定款で定めた場合にあっては、その期間)以内に第百三十九条第二項の規定による通知をしなかった場合
二  株式会社が第百三十九条第二項の規定による通知の日から四十日(これを下回る期間を定款で定めた場合にあっては、その期間)以内に第百四十一条第一項の規定による通知をしなかった場合(指定買取人が第百三十九条第二項の規定による通知の日から十日(これを下回る期間を定款で定めた場合にあっては、その期間)以内に第百四十二条第一項の規定による通知をした場合を除く。)
三  前二号に掲げる場合のほか、法務省令で定める場合

そして、会社が株式譲渡を承認しなかった場合に、会社もしくは指定買取人が株式を買い取ることの請求を受けていた場合には、会社が買い取るか、指定買取人を指定する必要があります。
今回のケースは、会社が買い取る内容なので、そちらの方で進めます。
会社が買い取る場合には、株主総会の特別決議で、会社が株式を買い取る旨と買取る株式の数決定しなければなりません。

株式会社又は指定買取人による買取り
第百四十条  株式会社は、第百三十八条第一号ハ又は第二号ハの請求を受けた場合において、第百三十六条又は第百三十七条第一項の承認をしない旨の決定をしたときは、当該譲渡等承認請求に係る譲渡制限株式(以下この款において「対象株式」という。)を買い取らなければならない。この場合においては、次に掲げる事項を定めなければならない。
一  対象株式を買い取る旨
二  株式会社が買い取る対象株式の数(種類株式発行会社にあっては、対象株式の種類及び種類ごとの数)
2  前項各号に掲げる事項の決定は、株主総会の決議によらなければならない。
3  譲渡等承認請求者は、前項の株主総会において議決権を行使することができない。ただし、当該譲渡等承認請求者以外の株主の全部が同項の株主総会において議決権を行使することができない場合は、この限りでない。
4  第一項の規定にかかわらず、同項に規定する場合には、株式会社は、対象株式の全部又は一部を買い取る者(以下この款において「指定買取人」という。)を指定することができる。
5  前項の規定による指定は、株主総会(取締役会設置会社にあっては、取締役会)の決議によらなければならない。ただし、定款に別段の定めがある場合は、この限りでない。


そしてここで供託が登場します!
所定の金額を本店所在地の供託所に供託をし、譲渡等承認請求者に供託を証する書面を交付し、会社が株式を買い取る旨を通知しなければなりません。
ちなみに、前記の会社法第145条第2号のとおり、譲渡を承認しない旨の通知から40日以内に、この通知を行わなかった場合、譲渡を承認したものとみなされます。

(株式会社による買取りの通知)
第百四十一条  株式会社は、前条第一項各号に掲げる事項を決定したときは、譲渡等承認請求者に対し、これらの事項を通知しなければならない。
2  株式会社は、前項の規定による通知をしようとするときは、一株当たり純資産額(一株当たりの純資産額として法務省令で定める方法により算定される額をいう。以下同じ。)に前条第一項第二号の対象株式の数を乗じて得た額をその本店の所在地の供託所に供託し、かつ、当該供託を証する書面を譲渡等承認請求者に交付しなければならない。
3  対象株式が株券発行会社の株式である場合には、前項の書面の交付を受けた譲渡等承認請求者は、当該交付を受けた日から一週間以内に、前条第一項第二号の対象株式に係る株券を当該株券発行会社の本店の所在地の供託所に供託しなければならない。この場合においては、当該譲渡等承認請求者は、当該株券発行会社に対し、遅滞なく、当該供託をした旨を通知しなければならない。
4  前項の譲渡等承認請求者が同項の期間内に同項の規定による供託をしなかったときは、株券発行会社は、前条第一項第二号の対象株式の売買契約を解除することができる。

そんな感じで、供託をすることになったわけですが、この供託に関しては、供託書の「供託の原因たる事実」の記載例が見つかりませんでしたね。
そんなわけで、今回私が記載した内容を参考に書いておきます。

 供託者は、平成○年○月○日譲渡等承認請求者に対して会社法第139条第2項による承認しない旨の通知をしたので、会社法第140条第1項の規定により供託者の株主である被供託者の所有する株式○株の譲渡の相手方として自己を指定し、平成○年○月○日に同法第140条第2項・第309条第2項第1号に規定する株主総会の特別決議がされたので、被供託者に対し、売渡を請求するため、同法第141条第2項の規定により算定した所定の金額、金○円を供託する。

東京法法務局では上記内容で問題ナシだと思いますが、各案件ごとに管轄供託所で事前確認はして下さい。
なんだか、条文だらけの記事になってしまいましたが、以上ご参考まで。

スーベニアケース5

今日もスイミングクラブで泳いできた娘たち。
二女が一生懸命クイックターンの練習をしていますが、まだまだですね。
今まで通っていたクラブでは、クイックターンを教わったことがなかったので、初めて練習をしています。

クロールのクイックターンでさえ、回転が斜めになってしまっています。
背泳ぎのクイックターンいたっては、回転後にうつ伏せになってしまう状態です。
まぁ、長女もやっと背泳ぎのクイックターンが形になってきた程度なんですけどね。
とにかく練習あるのみです。

さて、先日TDLに行ってきたわけですが、ついついグッズを買ってしまいます。
特に3月までは30周年ハピネスイヤーなので、記念グッズも多々売っております。
そんな中、こんなものを買いました。
スーベニアケース

左の青い方は、前回行ったときに買ったスーベニアケース付きグミキャンディー。
右の白い方は、今回買ったスーベニアケース付きカラフルチョコレート。
・・・と言っても、中身は食べてしまったのでケースだけですけどね。
3月までは販売しているのではないかと思います
ケースだけでもアクセサリーになりますよね。

しかも予想ですが、青い方に入っていたグミはポイフル、白い方に入っていたチョコはマーブルチョコレートではないかと思われます。
双方ともスポンサーである明治の商品だし、スターツアーズの出口を右の方に行った明治のショップでも売っていますからね。

と言うことで、今回は青いケースにポイフルを入れてインパしました。
雰囲気的には、パーク内で買ったグミのようでした。

そんなわけで、ケースにポイフルやマーブルチョコを入れると、楽しいかも知れません。
ただし、パーク内で売っているグミやチョコにはミッキーがプリントされている物も入っていますけどね。

4年生の授業が一通り終わった5

昨日はTDLに行って来ました。
とにかく寒かったです。
営業時間も9時から20時と比較的短めでしたね。

妻の妹家族と行く予定でしたが、従兄弟の二男クンが発熱のため欠席。
と言うことで、我が家と妻の妹と長男クンの6人でインパしました。
初っ端から、スプラッシュマウンテン→ビッグサンダーマウンテン→スペースマウンテンと乗り、長女が言う「マウンテン系」は制覇しました。

昨日は予想以上に混んでいましたね。
営業時間が短かったせいか?休止アトラクションがいくつかあったせいか?
まぁ、いずれにしても我が家的には十分楽しめました。
すっごく寒かったので、18時過ぎには退園して帰宅しました。
次は、長女の誕生月の6月に行きましょうかね?

さて、ここからが本題。
今日の授業で日能研の4年生の授業が一通り終わりました。
今度の金・月は、特別授業になりますね。

ステージIIからステージIII前半が授業範囲の一年間でした。
先日も書いたように、ステージIで習った部分の上乗せの部分もあったりしましたが、おぼえることが多かったですね。
5年生になったら、さらにおぼえることが多くなりますから、覚悟をしておかねば。

後は週末のカリテを残すのみですが、有終の美となりますかね?
とは言っても、5年生になってもステージIIIの続きで、回数も継続なんですけどね。

そうそう、昨日の保護者会に出席した家の子は、新5年生のクラスの話題になっていたようです。
引き続きRの子もいれば、Wになった子もいたりと、聞いているだけでキリキリしてきます。
私は今度の日曜日の保護者会に出席しますが、どのクラスになることやら?

ヤンヤン5

昨日の日能研で、長女が学習した和差算・倍数算。
3年生の時のステージIで、一度学習をしたことがありました。
2012年6月29日の記事

さすがに上記の時よりは理解していましたが、チョット複雑な問題になると間違えたりしています。
とりあえず、「栄冠への道」と「本科教室」のオプションの前まで復習は終わりました。
明日で終わらせたいところですが、TDLに行くのでムズカシイか?

さて、話はまったく変わります。
ヤンヤンってお菓子を知っていますかね?
明治のサイトを見たところ、正式名称は「ヤンヤンつけボー チョコクリーム」と言うようです。

子供のころに食べていたお菓子ですが、棒状のスナックにチョコクリームを付けて食べるお菓子です。
スナックとチョコの量を、ウマク調整しながら食べないと、チョコが残ったり、逆に足りなくなったりします。
私の場合は、チョコが残る方が多かったような記憶があります。

最近では、コンビニやスーパーのお菓子売り場でも見かけなかったので、記憶から抜け落ちていたお菓子でしたが、昨年末に久々に見かけました。
しかも、ハワイで。

カイルアと言う町に行ったときのことですが、スーパーに入りましてね。
食品売り場をプラプラしてみました。
売っている肉の大きさに驚いたり、キャンベルスープの種類の多さに驚いたりしながら歩いていると、日本製食品のコーナーがありました。

やはりニーズが多いのか、様々な食品が売られていて、なんでも揃う感じでした。
その中のお菓子コーナーにヤンヤンが並んでいましてね。
ヤンヤン

妻と二人で「あーなんか懐かしー!」と話しながら、買ってみました。
日本では売っていないのかと思いましたが、前述のとおり、明治のサイトでも現役でしたね。
Amazonなんかでも取り扱っているようです。
明治 ヤンヤンチョコ 48g×10個
アメリカで売っている商品の方が、内容量が9gほど多いようです。
子どもたちは初めて食べたお菓子でしたが、おいしいと言っていました。

と言うことで、明日はTDLへ・・・前回行ってから、1か月たっていないんですけどね。
寒そうですが、楽しんできます。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

本日もお越し頂きまして、ありがとうございます。m(._.)m

同じカテゴリーでの情報を知りたいなら・・・
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ

メッセージ
記事検索
最新コメントの表示
livedoor プロフィール
ただ今の時間は…
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

オススメはコチラ!
月別アーカイブ
QRコード(ケータイは↓から)
QRコード
  • ライブドアブログ