〜今日はこんなことがありました〜(livedoor本店)

まさきちB-log −司法書士と子育てをしています−

2014年01月

特例有限会社の代表取締役が死亡した場合5

特例有限会社の代表取締役死亡による変更登記の依頼がありました。
久しぶりの案件なので、ちょっとメモとして残しておきます。

取締役がAとB、代表取締役がAの会社です。
今般、Aが死亡しました。
まぁ、事案としてはよくあるケースかも知れません。

さて、ここで論点があります。
残った取締役Bの代表権は復活するのか?です。

まず、特例有限会社の選任方法には3パターンあります。
1.定款で選任する
2.株主総会の決議で選任する
3.定款の定めに基づく取締役の互選で選任する
・・・の3つです。

このうち、「1」と「2」は「特定代表」ですね。
つまり上記事案だと、Aは最初から代表権を有する取締役として選任されていて、Bは最初から代表権を有しない取締役として選任されています。
そんなわけですから、今回のようにAが死亡しても、Bの代表権は当然には復活しません。

そして、残る「3」は「互選代表」ですね。
この場合だと、AもBも代表権のない取締役として選任されており、Aは互選によって代表権が付与されることになります。
つまり、取締役地位の上に代表取締役の地位が乗っかる二層構造ですよね。

では、「3」であれば、どんな場合でも残ったBの代表権が復活するのか?が最後の問題になります。
これも場合わけが必要になります。

まず一つ目は、定款で、「取締役2名以内を置き、取締役の互選をもって1名を代表取締役とする。」と言うような規定がされている場合です。
この場合だと、「取締役2名以内を置き」なので、取締役が2名いる場合には代表取締役を定める趣旨となり、今回のように代表取締役Aが死亡し、取締役がB1人になってしまった場合には、Bの代表権が復活します(登記研究第254号質疑応答)。
ちなみに、今回依頼を受た会社はこの内容でしたので、取締役Bから代表取締役たる取締役Aの死亡による変更登記の申請をしました。

そして、もう一つ。
「3」ケースでもBの代表権が復活しない場合があります。
定款で、「取締役2名を置き、取締役の互選をもって1名を代表取締役とする。」と言うような規定がされている場合です。
この場合は、取締役の定数が2名なので欠員が生じていますから、後任の取締役Cを選任し、その上でBとCの互選により、代表取締役を選任する必要があります(登記研究第181号質疑応答)。

司法書士試験の受験時代からそうでしたけど、この論点って添付書類にも影響がありますから面倒ですよね。

今回は、こっちで受けます。5

今日の東京は、今季初の冬日を記録したそうですね。
確かに、朝は寒かったなー。

さて、MY NICHINOKENにも2月〜7月の予定が掲載されたので、来月以降の予定をジョルテに入力しました。
・・・あ、話がそれますが、日能研のノートなんですけどね。
最近になって、新しく使い始めた科目もあって、まだ数ページしか使っていないノートもあります。
新5年生で一新しようかと思いましたが、ステージIIIの続きで、回数も継続なので、ノートも使い続けることにしました。

で、話を元に戻しますが、2月以降も日能研以外の習い事もあり、スケジュールがパンパンな長女ですが、やはり公立中高一貫校の模試も気になるところです。
大前提としては私立に主眼をおいてはいますけどね。
昨年の11月に、栄光ゼミナールの「公立中高一貫オープン」を初めて受けたわけですが、結果返却時の説明も含めて、とても参考になりました。

2月の新学期にも、2つのテストがあります。
1つは栄光ゼミナールの「公立中高一貫オープン」、もう1つは日能研ユリウスの「全国公立中高一貫校チャレンジテスト」です。
前回は、ユリウスの方が日程的に受けられなくて、栄光のみを受けました。
今回は、逆に栄光の方が日程的に受けられないので、ユリウスの方を受検します。

ただでさえ通塾回数が多くなる2月に、それ以外の物を入れるのはどうかな?とも思いましたが、問題に触れられるチャンスは少ないので、受けることにしました。
まぁ、前回と今回で双方を受けることになりますから今後の参考にもなるのではないかと期待をしています。

公開模試を振り返ってみようか5

三連休の3日目、成人の日ですね。
連日、天気がイイ三連休となりました。

さて昨日受験した、4年生最後の公開模試の結果が出ました。
偏差値で見ると、理科>社会>4科目>3科目≒国語>2科目>算数。
何とか社・理で全体が引き上げられました。

国語は、もうチョット欲しかった。
算数は、キビシかった。
そんな感じのラスト公開模試となりました。

全体的に公開模試を振り返ってみると、「前高後低」。
前期の方が良く、後期の方が下がったのは、4科目・3科目・2科目・国語。
前期の方が悪く、後期の方が上がったのは、算数・理科。
年間を通して変わらなかったのが社会と言う結果になりました。

ただ、どの科目も、その回によって偏差値にバラつきがあるので、出題範囲によりますよね。
なので、一律に「前高後低」とも言えないのかな?
いずれにしても、全回、無事に受験できたので良かったです。

こちらは、今度の日曜日の保護者会で新5年生のクラスが発表になります。
と言うことで、今回の公開模試の結果までがクラス編成の判断材料になるのではないでしょうか?
後期の成績でクラスを決定するとのことなので、ビミョーなところではありますが、4科目の偏差値が前期並みだと良かったんだけど・・・。

で、これから日能研の授業です。
今回の公開模試の結果、座席は何列目になることやら。
とにかく、4年生のテストも残すところ、カリテ1回。
よく、がんばったと思います。

4年生最後の公開模試5

昨日が小学校の土曜授業だったため、本日、日能研の公開模試を受けてきた長女。
ついに公開模試は今回が4年生最後ですね。
そして、カリテも残すところ1回です。

こちらは、新5年生のクラス発表が、19日・26日の保護者会。
同一内容なので、どちらかに出席すれば良いのですが、19日にはクラスを発表すると言うことは、この公開模試が最後のクラス判断資料となるのでしょうかね?

そんな公開模試でしたが、得点率で見てみると、理科>社会>国語>>算数。
今回は、算数がどうしちゃったの?って感じです。
前半>中盤>後半っと言った感じで、問題が進むに連れて得点できていません。

社会に関しても、カリテだったら得点できていた出題が、今回は得点できていません。
やはり、抜け落ちていますね。
まぁ、抜けている部分が分かるからこそのテストの意義だとは思いますが・・・得点して欲しかったけど。

さて、金曜日の算数の授業は「つるかめ算」でした。
私も中学受験のときに解いたぐらいでしょうか?
チョット苦手だった思い出があるので、長女が復習をする前に、本科教室を読んで勉強してみたりして。

最後のカリテに向けて、仕上げて行きたいと思います。

クッキーがおいしい5

今日は法事のため、静岡に行って来ました。
朝8時に家を出て、帰宅したのは16時15分ぐらい。
日帰りだと疲れますね。

さて、年末年始に行って来たハワイですが、おみやげを何にしようか?と考えまして。
到着時に、JTBからおみやげカタログの案内もありましてね。
私としては、自分で実際に見てみて、おみやげを選ぶのも旅行の楽しさだと思っています。

実は、旅行前から気になっていたクッキーがありました。
「ホノルルクッキーカンパニー」のクッキーなんですけどね。
旅行に行く前に、テレビ番組でも紹介されていたのですが、ほとんどの種類のクッキーを試食できるようでした。

で、ハワイに到着後にヒルトン・ハワイアン・ビレッジ店に行ってみました。
そうなんです、我が家が宿泊したホテルに店舗があるんです。
その他、Tギャラリア ハワイ by DFSやアラモアナセンターなどにもあり、店舗数は多いです。

店に入ると、テレビ番組で見たとおり、試食品がたくさんありました。
もうね、ウチの子どもたちなんか、あっちを食べて、こっちを食べて、またあっちを食べてって感じでした。
それだけ、気に入ったようです。
・・・ホテル滞在中に、何回か店に行ったので、そのたびに試食をしていました。

実際に私も食べてみましたが、おいしかったです。
と言うことで、今回のお土産は、ここのクッキーにしました。
今回の旅行で、初めて知ったホノルルクッキーカンパニーですが、創立は1998年だそうです。
前回ハワイに行ったのが、1999年だったので、まだ今のようにメジャーではなかったんでしょうね。

さて、もう1店、同じようなお店が気になりました。
「ビッグアイランド・キャンディーズ」と言う店です。
こちらは、アラモアナセンターに出店しています。
Tギャラリア ハワイ by DFSでも売っていますが、品揃えは少ないです。
こちらも試食しましたが、やはりおいしかったです。

ただ、お店の名前のとおり、こちらは本拠地がハワイ島なんですよね。
なので、今回は、ホノルルクッキーカンパニーを選びました。
とは言いつつ、Chocolate Kona Coffee Beansは買ってきました。

そんな感じで、クッキーがおいしいハワイだったのでした。

仮登記の本登記5

昨夜は東京にも雪予報が出ていました。
少しは降ったのかな〜?と思い、今朝、外を見てみると、雨すら降った形跡ナシ。
まぁ、こんなもんでしょう。

さて今般、所有権仮登記の本登記の案件を受託しました。
仮登記の受託はすることがありますが、仮登記の本登記は滅多にないですね。
ちなみに、今回は死因贈与を原因とした所有権移転登記の仮登記です。

所有権仮登記の本登記は、添付書類等に関しては通常の登記手続きとかわりません。
気をつけることといえば、登録免許税の税率ですかね?
登録免許税法には以下の規定があります。

(仮登記等のある不動産等の移転登記の場合の税率の特例)
第十七条  別表第一第一号(十二)イからホまでに掲げる仮登記がされている同号に掲げる不動産について、当該仮登記に基づき所有権の保存若しくは移転の登記、地上権、永小作権、賃借権若しくは採石権の設定、転貸若しくは移転の登記、信託の登記又は相続財産の分離の登記を受ける場合には、これらの登記に係る登録免許税の税率は、当該不動産についての当該登記の同号の税率欄に掲げる割合から次の表の上欄に掲げる登記の区分に応じ同表の下欄に掲げる割合を控除した割合とする。

所有権のその他の原因による移転の登記  千分の十

今回の登記原因は「贈与」なので、上記の「所有権のその他の原因による移転の登記」に該当します。
登記原因が「売買」でも同じですね。
贈与を原因とした所有権移転登記の税率は1000分の20ですから、そこから上記の1000分の10を控除した税率である1000分の10が税率になります・・・が!一律そうではありません。

平成15年4月1日に一部改正された登録免許税法が施行されて、所有権移転の本登記の税率、仮登記の税率、仮登記を本登記する際の控除割合が、それまでと異なりました。
そこで、登録免許税法の附則で、以下の経過措置が設けられています。

附 則 (平成一五年三月三一日法律第八号)

(登録免許税法の一部改正に伴う経過措置)
第二十四条
4  施行日前に旧登録免許税法別表第一第一号(九)イに掲げる仮登記を受けた者が、同号に規定する不動産について、当該仮登記に基づき施行日以後に所有権の移転の登記を受ける場合における新登録免許税法第十七条の規定の適用については、同条中「千分の二」とあり、及び「千分の十」とあるのは、「千分の四」とする。

ということなので、今回の仮登記は平成4年のものなので、所有権移転登記の税率は、1000分の20から1000分の4を控除した1000分の16と言うことになります。
と、今回は「贈与」が登記原因なので、ここで終わりですが、原因が「売買」だと続きがあります。
租税特別措置法ですね。

第五章 登録免許税法 の特例

土地の売買による所有権の移転登記等の税率の軽減)
第七十二条 個人又は法人が、平成二十五年四月一日から平成二十七年三月三十一日までの間に、土地に関する登記で次の各号に掲げるものを受ける場合には、当該各号に掲げる登記に係る登録免許税の税率は、登録免許税法第九条 の規定にかかわらず、当該各号に掲げる登記の区分に応じ、当該各号に定める割合とする。
一  売買による所有権の移転の登記 千分の十五
二  所有権の信託の登記 千分の三
2  平成十五年四月一日から平成十八年三月三十一日までの間に登録免許税法 別表第一第一号(十二)ロ(3)又はニ(1)に掲げる仮登記を受けた者が、土地について、当該仮登記に基づき前項の規定により同項各号の登記を受ける場合には、同法第十七条第一項 の規定により控除する割合は、同項 の規定にかかわらず、次の各号に掲げる登記の区分に応じ、当該各号に定める割合とする。
一  売買による所有権の移転の登記 千分の七・五
二  所有権の信託の登記 千分の一・五

3  平成十五年三月三十一日以前に登録免許税法 別表第一第一号(十二)ロ(3)に掲げる仮登記を受けた者が、土地について、当該仮登記に基づき第一項の規定により同項第一号の登記を受ける場合には、同法第十七条第一項 の規定により控除する割合は、同項及び所得税法 等の一部を改正する法律(平成十五年法律第八号)附則第二十四条第四項 の規定にかかわらず千分の三とする

とまぁ、こんな感じで、仮登記の本登記をするときの税率には、時期や登記原因によって、様々な修正があるので、注意が必要ですよね。

テスト初め(てすとぞめ)5

東京地方は、これから雪が降る予報となています。
まぁ、それほど降らないでしょうけどね。

さて、昨日は冬期講習のテストでした。
今年最初のテストですね。
17時集合で、20時までという遅い時間のテストでしたが、がんばったと思います。

今回の冬期講習ですが、旅行に行っていたので後期日程での受講となりました。
先日も書いたとおり、後期は標準クラスしか設定が無く、応用クラスの受講はできませんでした。
でも、結果的に基本的な部分が復習できたので、良かったかな?などと思ったりもしています。

さて結果ですが、基本集計だと、2科目=算数>3科目>4科目=国語>理科>社会。
全体的にまとまりましたが、社会のミスが多かったかな。
危険回避で、漢字ではなく、ひらがなで書いて正解だった問題もあれば、自信満々に漢字で書いて字を間違えた問題もありました。

受験種別集計だと、4科目=3科目=2科目=算数>国語>理科>社会。
今回は、算数が良くできましたね。
てか、全体的に文句ナシの結果だったと思います。

そんな感じで、明日から通常授業が再開。
そして、週末は4年生最後の公開模試。
土曜日は学校の授業があるので、日曜日に受けます。

業務報告書5

やったら寒い日が続いていますね。
寒さに弱く、暑さに弱いので、ツライです。
どちらかと言うと、暑い方が耐えられるかな?

さて、年明けにやらなければならない司法書士の雑務重要な業務に業務報告書の提出があります。
東京司法書士会には「東京司法書士会業務報告書記載規程」なるものがありまして、記載内容が定められています。
まぁ、他の単位会でも同様でしょうね。

司法書士は、個人事業主や法人なのですが、各地の司法書士会に入会をしなければなりません。
で、個人事業主や法人なのにもかかわらず、毎年1年間に仕事を受託した件数をまとめて、報告書を所属する司法書士会に提出しなければならないのです。
司法書士会によっては、この件数によって会費の金額が変動する会もあります。

業務報告書の業務項目ですが、東京の場合は23項目に分類されています。
昨年分としては、「供託2件」ってのが、私にとってはレア物だったかも。

司法書士は、仕事を受託する際に、「事件簿」と言うものに業務の内容や依頼人を記載する必要があります・・・色々と義務を課されております。
業務用のソフトを導入する前は、事件簿から各項目に該当する業務の件数を数えて、業務報告書を作成していました。

今は、事件簿自体が業務用ソフトの中で作成されていますから、クリックするだけで各業務項目の件数が集計されます。
印刷をして、業務報告書に転記すれば、それでおしまい。
ラクになりました。

でも、その昔はもっと大変だったようです。
私が司法書士になった頃には、今のスタイルの業務報告書でしたが、父の昔の業務報告書を見ると、件数以外に、売上高(報酬額)も記載してありますからね。
しかも、現在のような甲号事件だけでなく、乙号事件まで記載してあります。

そんな業務報告書ですが、私は昨日、作成して発送しました。
この作業をすると、今年も1年が始まるんだな・・・と思いますね。

新しいスイミングクラブ5

昨日から本年が始動しました。
まだ2日目ですが、徐々に動き出している感じがします。

そんな新年ですが、子どもたちが新しいスイミングクラブに通い始めました。
場所は私の事務所から至近。
まさか、このクラブに通うことになるとは思ってもいませんでした。

火曜日と土曜日の週2回のコースですが、入会月は好きなだけ通うことができます。
そんなわけで、昨日と今日、さっそく行って来ました。
同じ育成コースの2人ですが、長女は一番上のコースで、二女は一番下のコースです。

長女のコースの子たちは、自由形を泳ぐときは普通にクイックターンをしていますね。
少しは前のクラブで習っていたので、なんとかクイックターンをしている長女でした。
このまま練習をしていけば、もっと上手くターンできるようになると思います。

そして二女のコースは、基本的なことから教えてくれています。
クイックターンも教わっていますが、前のクラブでは一度もクイックターンを教わっていない二女なので、かなり苦労しています。
他の子は、育成コース前に習っているようで、完璧ではないにしても形にはなっていますね。
早く追いついて欲しいところです。

しばらくは、前のクラブと並行して通います。
火・土は新クラブに通うので、木だけ前クラブに通うことになりますね。
どれぐらい上達するか?とても楽しみです。

冬期講習が始まっている5

年末年始の連休も最終日となりました。
昨日と今日は家でゆっくりしています。
ちなみに妻は、今日から仕事をしています。

さて、長女の冬期講習ですが、今回は旅行に行ったので後期の日程での受講となりました。
なぜかバランスが悪く、前期は応用が2クラスと標準が2クラスで、計4クラス編成なのに、後期は標準が1クラスのみの編成となっておりまして。
長女は標準での受講となりました。

先日も書いたとおり、こちらは三が日明けの4日からスタートとなります。
そんなわけで、今日は2日目を受講中です。
時間割は、1日目が国・国・社・社、2日目が算・算・理・理、3日目が算・算・理・理、4日目が国・国・社・社となっています。

「前進あるのみ!」の日能研ですが、とりあえず期間講習は「フリカエル」ですよね。
とは言っても、「ノウミソカラヌケオチテイル」部分も多いので、再度、知識を盛り込みながらの学習になりますけどね。
まぁ、復習的な内容だから1日4コマでも何とかなるかな?って感じです。

1月4日からの4日間の講習なので、テストは8日・・・つまり、学校が始まる日です。
時間は、17時集合で、終了は20時となります。
新年初っ端から大変だけど、ガンバッテネ。

そうそう昨日ですが、長女が日能研で封筒をもらってきました。
開けてみると、冬期講習の算数の発展テキストにしか載っていない部分のコピーが入っていました。
本来なら発展で受講をしたかったので助かりました。
時間をみて取り組みたいと思います。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

本日もお越し頂きまして、ありがとうございます。m(._.)m

同じカテゴリーでの情報を知りたいなら・・・
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ

メッセージ
記事検索
最新コメントの表示
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
プロフィール

Masa

名前:まさきち
生年:1971年
産地:東京
性別:♂
二児の父!
高校1年生の長女(ぼんやり系)と、中学1年生の二女(お笑い系)の成長を観察している毎日です。
泳いでいる娘たちを応援中!

月別アーカイブ
QRコード(ケータイは↓から)
QRコード
  • ライブドアブログ