最近、やたらと登記情報提供システム(オンライン閲覧)が繋がりにくいです。
特に、東京の物件や法人の閲覧請求時に「混雑エラー」が頻繁に出ます。
今日も、お客さんが待ってる間に、検索する事が出来ませんでした。
後刻、最寄りの出張所で謄本を取って、お客さんにFAXしました。

民事法務協会に問い合わせをしたところ、下記のような回答が来ました。
早急に改善して欲しいですね。


登記情報提供サービスのエラー表示について

 日ごろ登記情報提供サービスをご利用いただきましてありがとうございます。
 また、この度は本サービスのご利用ができず、大変ご迷惑をおかけしております。
  
本サービスは、お客様から当協会に登記情報取得のアクセスがありますと,当協会から管轄登記所のコンピュータにアクセスした上でお客様に登記情報を提供しているシステムとなっていますが、登記所のコンピュータへのアクセスが集中するとつながりにくくなる状態になります。

 ところで、現在、登記所における登記情報の提供の方法は、窓口における提供のほ
か、管轄外のコンピュータ化されている全国の登記所からでも登記情報を取得して提供する方法(登記情報交換システム)、さらにこれに加え当協会を介して行う方法があります。
 そのため、特定の登記所においては、コンピュータにアクセスできず、窓口業務処理や、登記情報交換システムによる処理にも影響している状況にあり、このような状況は、都市部の登記所に集中しているとのことであります(東京法務局BC調べ)。
 従って、このようの状況に陥ることは、登記所のコンピュータに起因するところであり、当協会としても直接これに対応することは困難な状況にありるところですが、改善方について法務省に要望しているところです。

 ご不便をおかけしておりますが、よろしくお願いいたします。