30作目のスーパー戦隊「轟轟戦隊ボウケンジャー」が始まりました。
毎年思うことですが、第1話って前作を引きずってしまうせいか、なかなか入り込めません。
デカ、マジと自分にハマった戦隊が続いたから尚更かも知れません。

さて、感想です。
ボウケンジャーは最初から変身状態で登場して、アバンタイトルからAパートの途中までそのままでしたね。
この辺は今までにあまり無い登場シーンだと思いましたが・・全体的に昔の戦隊っぽい気がしました。
OP、EDとも垢抜けません。
特にEDは、ここ数年続いたダンスシリーズが無くなりました。

ボウケンジャーはレッドが熱い上司で、残りの4人がレッドを慕う部下と言う構成です。
昨年は末弟がレッド、一昨年は新入りがレッドだったので、これも昔の戦隊っぽい設定ですね。

その他にも、敵組織の男性幹部が久々に素顔(被り物でない)だったり、初回でロボ(ダイボウケン)が登場したり、そのダイボウケンの合体シーンがCGじゃなく実写だったり・・・とにかく昔っぽいです。

とは言え、ボウケンジャー側(メカニック担当)に斉木しげる氏、敵男性幹部(大神官ガジャ)に大高洋夫と、周りに魅力的な役者さんが出演しているので今後一年間の展開が楽しみです。・・・ところで今年は、女性敵幹部はいないのか??