昨年の11月頃から、某ネット証券会社を利用して、株をやってます。
とは言っても、小遣い稼ぎ程度です。
証券会社の口座に最初に50万円入金しました。
その後は追加出資していません。

売買している株は、500円弱の銘柄ばかり。
1000株単位の取引がほとんどなので、50万円あれば遊べます。
少しでも株をやってると、毎日の相場が気になるので面白いですよね。

ちなみに、今日の午前中の口座残高は53万円。
預金してることを考えれば良い方です。
・・・午後にある銘柄を買ったんですが・・・下がってるYO!

で、本題。
なんの登記をする場合にも、良く絡んでくるのが「名変」。
たまーに、ややこしい場合が有りますよね。

そんな時に参考にしてるのが、インターネットには全く無縁な雑誌である「登記インターネット」の2001年(平成13年)10月号(第3巻10号)です。

この号の132ページ〜182ページには「登記名義人表示変更等の登記の実務について」と言うタイトルの特集が掲載されています。
名変が必要な場合と不要な場合の先例、更正が必要な文字と不要な文字の一覧表、複数の原因が重なる場合の原因の記載例と登録免許税の一覧など、かなり細かいところまで網羅されています。

通常、雑誌類は1年分束ねてしまってしまうんですが、この号は本棚に置いておいて折々に使用しています。
バックナンバーが有るのかどうか不明ですが、オススメの1冊です。