三連休の初日。
そんなわけで、映画「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」の初日初回を見てきました。
以下、ネタバレ有りますので、ご注意を。
娘と一緒に見に行きましたが、当然、映画を見たいのは私。
まぁ、娘も見たかったに違いない・・・はずです。
水曜日の夕方に、ネットで座席を確保。
ど真ん中の良い席で見ることが出来ました。

さて、内容はと言うと、ウルトラマンシリーズ40周年記念作にふさわしい、シリーズ集大成です。
話は20年前の戦いで、ウルトラ兄弟(マン、セブン、新マン、エース)が強敵、「異次元人ヤプール」が操る超獣Uキラーザウルスを神戸の海に封印したところから始まります。

そして、20年後。
ルーキーウルトラ戦士として、地球に派遣されたメビウスが神戸の異変を感じて調査に行きます。
そこで、メビウスことヒビノ・ミライが出会ったのは、ハヤタ、ダン、郷、北斗・・・ウルトラ兄弟の地球での姿の面々なんです。
メビウスにとっても「伝説のウルトラ兄弟」と出会うのは夢のようでしたね。

まぁ、内容的なことは公式サイトのストーリーを読んでもらうとして、なんと言っても、まさか35歳になって、再び素顔のウルトラ兄弟が見られるとは夢にも思いませんでした・・・ただ、タロウの素顔が出なかったのが残念ではありますが。

直近での、ウルトラ兄弟の素顔勢ぞろいと言えば、ウルトラマンタロウの33話〜34話ですよね。
73年11月ですから、約33年前ですか。
記憶には有りますが、自分自身2歳9か月の頃ですから、再放送で見たんでしょうね。

まぁ、33年の月日は長いですわな。
演じてた俳優の皆様は、60歳以上ですし、自分自身、当時の自分と同じぐらいの娘が居るわけで。
でも、演じてる役は当時のままでしたね。
何年経ってもハヤタであり、ダンであり、郷であり、北斗であり。
特に、北斗に関しては、当時の北斗そのままの「熱い性格」が健在でしたね。

そして極め付けが変身シーン。
ハヤタ→マン、ダン→セブン、郷→新マン、北斗→エースに、当時と同じように変身します。
変身前のウルトラ兄弟バックには、各テーマソングや「ウルトラ六兄弟」のインストが流れて、シビレまくりでしたね。

戦いの終盤、ピンチになったメビウス&ウルトラ兄弟の下に二筋の光が現れるんですけどね。
もちろん、ウルトラ兄弟の長男ゾフィーとメビウスの教官のタロウなわけですよ。
もうねー、ウルトラ6兄弟が勢ぞろいするだけでウハウハ物ですよ。
なんてったって、正統な映像作品では33年ぶりですからね。

欲を言えば、繰り返しになりますけどタロウの素顔も見たかったなーと。
あと、レオ&アストラ兄弟もウルトラ兄弟に入ったはず(ウルトラマンレオ39話)なのに、今回は絡んできませんでした・・・やはり、外様はキビシイのでしょうか?
まぁ、今後テレビのほうに絡んでくるのかもしれませんけどね(80も含めて)。

ちなみに、初日に行ったのには理由がありまして。
テレビ放送との関連です。
テレビの方も、今日から「ヤプール編」が始まったわけですが、案の定、映画の後日談であるセリフが有りました。

なわけで、ウルトラブームにドップリ浸かって育ってきた世代には、オススメの映画ですので、是非、見てください。