昨日書いた、バッファローの「ちょいテレ」
あの後、ノートパソコンで試してみました。

デフォルトのままの状態では、受信できる局とできない局がありました。
そこで、付属の外部アンテナ(と言っても小型です)を接続。
見事に全局受信できました。
録画もバッチリでしたので、満足です。
ちなみに、支部のKっちゃんも欲しがってます。

さて、本題。
ご存知の方は多いと思いますが。
コンピュータの登記簿では、「徳」と「」などは同一性がありません。
例えば、最初に持分1/2を取得していた川○○さんが、後日残りの1/2を取得した際に「徳川○○」と登記したとします。
その後、当該不動産を売却した場合、登記申請は所有権移転で問題ないのですが、登記簿には、共有者全員持分全部移転と記入されます。
つまり、「川○○」と「徳川○○」は、コンピュータ上は別人って事です。

ちなみに、下記のような共有状態だったとします。
持分1/3 川○○
持分1/3 徳川○○
持分1/3 山田太郎
で、山田太郎が他の共有持分を取得した場合は、「川○○、徳川○○持分全部移転」って記入されちゃいます。

まぁ、戸籍や住民票に忠実に登記するか、既に取得している持分で使用された字と同じに登記するか、難しいところですな。
おそらく、本人に説明しても分からんだろうしね。