夕立が有りましたが、天気のイイ一日でした。
GWは行楽日和になりそうですね。

さて、昨日の続きです。
今日、初めて住宅金融支援機構の抹消登記を受託しまして。
まぁ、昨日の内に銀行に連絡をして、資格証明書を受け取れるようになってたから問題は無かったんですけどね・・・てか、資格証明書が無かったら大問題でした。

昨日のブログで「前件である公庫から機構への抵当権移転登記には資格証明書を不要として、連件の後件である抵当権抹消登記には同じ代表者でも資格証明書を添付しろってのには、どーも「ハイそーですか」とは言えないんだよね〜。」と、書きました。
これまで、この件に関して話してた前提は「移転の委任者=抹消の委任者=理事長」でした。

ところがですねー、今日、受け取った書類を見ると、移転登記の委任状は理事長からだったので問題は無かったんですが、抹消登記の委任状と解除証書は「従たる事務所の代理人」から出されていました・・・こりゃーこのケースの抹消登記には資格証明書必要だろう。

にも係わらず、このケースでも銀行は資格証明書不要と言う取扱でした。
そんなわけで、しばらくの間は我々が気を付けないと痛い目を見ることになりますね・・・って言っても、自己負担¥1,000で代表者事項証明書を取るだけですけどね。

さて、明日一日頑張れば、や・す・み・ぃ〜〜〜!!