あぁぁ・・・今日は、散々だった。
朝一で、千葉地方法務局某支局へ先日の本人確認情報を添付した登記の完了書類の受領に行きました。
8時30分になったので、窓口へ・・・あっ!会員証が無いぢゃん!
いつも、スーツの内ポケに入れてる名刺入れ(私は名刺入れに会員証を入れてます)が有りません。
住所と事務所も異なるので、運転免許証での受領も出来ません。
泣く泣く撤退です。

帰り道、金融機関から依頼された登記事項証明書を取りに、東京法務局某出張所へ。
「5-6-123」って言われまして。
「五丁目6番123号」だと言うんです・・・あんまり考えられないっすね。
で、昨日事務所で検索したんですが、有りませんでした。
出張所へ行って、ブルーマップを見ると、住居表示実施してない地域でした。
でも、6番123の土地は・・・無いぢゃん・・・。

ブルーマップをコピーして、金融機関に届け、無い旨を伝えました。
夕方、再度金融機関の担当から連絡があり「5-16-123でした」とのこと。
無事、地元管轄で交換取得できましたとさ・・・ふぅ。

で、話は戻って、目的の地番が見つからなかった某出張所の帰り、名刺入れを取りに自宅へ立ち寄り・・・どーしても、今日は会員証が無いと面倒になりそうな予感がしまして。
昨日着てたスーツの内ポケに入ってました。

事務所に戻り、しばし仕事をこなしまして、その後、電子定款を受け取りに都内の某公証役場へ。
最近、場所を移転したので行きにくくなりました。
毎度の事ながら、いつも身分証明書の件でゴタゴタするんですよねー。
日司連のマニュアルにも「認証の終わった定款は、委任状、印鑑証明書の原本、会員証等の身分証明書(初回のみ)と、保存媒体(FD等)を持参して、公証役場で受領します。」って書いてあるんですけどね。

実は、前回身分証明書の提示の件でキレまして。
公証人も調子良く「次回からは何も無くて結構ですから」なんて言ってたんですけどね。
今日また、繰り返しですよ。
毎回毎回、運転免許証と会員証のコピーを取って・・・アホか。
会員証が無いと面倒になりそうな予感的中です。

まぁ無事、定款の原本と謄本を受け取った帰り道。
電車の中で何気に公証人の領収書を見てると、1通しか取ってないはずの謄本が2通計上されてるんですよねー。
電車を降りて、公証役場へ電話。
「スミマセン、間違えました。」と。

反対側の電車に乗って、公証役場へ引き返しましたよ。
嗚呼・・・残念。
次からは、役場変えちゃいます。

こんだけ、ゴタゴタした日も珍しいです。
明日はイイ日でありますように。