寒い寒い・・・あぁ寒い。
ウチで使ってる「権」ですが、今日バージョンアップされました。
いやー、特例方式の申請がラクになりましたね。
ただ、新機能が多いので、今回ばかりは取説を読まないと使いこなせないですね。

で、特例方式で申請をした相続の話。
依頼人が来所したのは、半年ぐらい前ですかね。
相続人は子供3人の案件でした。
その時の話では3人の内の1人が不動産を取得するとの事。
とりあえず、相続証明書を集めてもらう事に。

ところが、しばらくしてAから電話が。
「Bが文句を言い出した」と。
その数日後に、被相続人、A、Cの書類は集まりましたが、Bに関する書類は集まらず。
まぁ、こう言うケースは少なからず有りまして。
今も、1件宙ぶらりんになってますよ。

で、今月の初めに「結局、法定相続にしました」と言う連絡が来ました。
先々週、3人分の委任状を作成。
その週の木曜日に、委任状は集まりました。

申請をしようと思えば、金曜日にでも申請出来たのですが、管轄法務局は翌週(つまり先週)から指定庁になる法務局でした。
依頼人に聞いてみると「書類はそれぞれに欲しい」と言う結論になったので、12日まで待って、特例方式によるオンライン申請。
同日、添付書類送付。
13日添付書類到着。
14日夕方、登記完了。
本日、登記識別情報通知書到着。

とても、スムーズに終わりました。
指定庁になった日の申請だったので、時間が掛かるかなーと思ってただけに良かったです。
3分の1ずつ、各人に完了書類を渡しました。

共有の場合、全部をまとめて渡したり、今回のように分割したり選べるのは、識別情報の利点かと思いますが、いかがでしょうか?