神奈川県川崎市に麻生区があります。
「あそうく」ではなく「あさおく」です。
で、麻生区役所の各種申請書の記載例の名前欄が「麻生太郎(あさおたろう)」だったそうです。
今般、区民からの指摘により、「麻生太郎」って見本の氏名を変更するそうですね。
何を今更って感じですが。

さて、配達記録郵便が廃止になります。
私も全然知らなかったんですが、TSKネットのメルマガで知りました。
詳細は、↓PDFファイルをご覧下さい。
http://www.post.japanpost.jp/whats_new/2008/0825_01_c01.pdf

書き方が面白いですね。
まず「簡易書留の料金が変更になります!350円→300円に値下げです!」から始まってますね。

で、次が「新サービスをスタートさせます!160円の特定記録郵便です!」と、低料金の特殊郵便サービスが始まることをアピールしてますね。

最後にページが変わって、配達記録郵便の廃止の告知。
う〜ん・・・盛り上げて落としてる感じです。

皆さん、どうですかね?
配達記録郵便は利用をしてますか?
私は、登記完了書類の発送は、専ら配達記録郵便です。
引き受けと配達受領の記録が残りますから十分です。
書留のような補償は有りませんが、中身が補償されても意味ないモノなんですよね。
まぁ、いろんな考え方が有るでしょうけどね。

そんなわけで、ウチにとって配達記録郵便の廃止は痛手ですね。
新サービスの特定記録郵便は、記録は残りますが手渡しでなく、郵便受け配達ですから、使えません。
やはり、受取人の受領印は欲しいですよね。

今日、配達記録の郵便物が届いたので、配達の方に「今度、配達記録郵便が無くなるんですよね?」と聞くと、やはり採算が合わないそうです。
配達記録の料金で、不在・持ち帰り・再配達をすると、合わないそうですね。

結局、会社になった以上、利益が無いものは切るって事です。
定額小為替の手数料しかりですね。
結局は、一般の方が使わないサービスから締め付けて行くわけですよね。

そんなわけで、今後は簡易書留にするしかないですね。
郵政民営化バンザイしてた方々は、どう思ってるんでしょうか?