法務省オンライン申請システムの新着情報に、4月24日付けで以下のような内容が掲載されています。
【重要】JRE 6 update 12 によるサービス開始について(平成21年4月24日)
法務省オンライン申請システム(以下「当システム」という。)における動作検証の結果、Java 2 Runtime Environment (以下「JRE」という。)6 update 12 が正常に動作することが確認できましたので、JRE 6 update 12 によるサービスを開始したします。JRE 6 update 12 では、JRE 6 update 11 以前に存在した脆弱性が解消されておりますので、JRE 6 update 7 でも当システムの利用は可能ではありますが、バージョンアップをお願いいたします。
バージョンアップの方法については、こちらをご覧ください。

と、上記のようにありますが、同日で・・・
【重要】JRE 6 update 12 に関する脆弱性について(平成21年4月24日)
法務省オンライン申請システム(以下「当システム」という。)をご利用いただくためにインストールしていただく、Sun Microsystems社のソフトウェアであるJava 2 Runtime Environment(以下「JRE」という。)6 update 12 には、本年3月末に、同社から、脆弱性がある旨が公表されております

当省としましては、脆弱性の問題を解消した最新バージョンである JRE 6 update 13にバージョンアップするため、現在、当システムにおいて正常に動作するかの検証を実施しておりますが、この動作検証には一定の期間を要します。

検証の結果、当システムが問題なく動作することが確認でき次第、本欄において JRE のバージョンアップについてご案内させていただきますので、それまでの間、脆弱性への対応として下記の点にご留意の上、当システムをご利用いただきますよう、お願い申し上げます。

・・・とのアナウンスがされています。
一体、どのバージョンにすれば良いのやら。

一日も早く、Javaに依存しないシステムになるようにして欲しいですね。