明日は、雨は降らなさそうせすね。
とりあえず、今年1回目のプールに行きたい気分です。

さて以前、新聞の投稿か何かで幼稚園か保育園の先生が、子どもたちを呼ぶ時に「お友だちのみんなー」と言うのが変だとか書いてあるのを見たことがあります。
理由としては、全員が友だちでは無いからだそうだ。

このことに関しては、個人的に違和感は感じませんね。
別に「お友だちのみんなー」でも良いと思います。
ただ、そんな私も、気になる言い方を耳にする事が三つほど有ります。

一つ目は、60歳後半ぐらい以上の設定であろう男性が、ドラマやCMで「ワシは〇〇じゃよ」と言うセリフがやたらと出てきますよね。
まぁ、一人称が「ワシ」って人はいるでしょうけど、語尾に「じゃよ」を付ける人っていますかね?
私の周りには「ワシ」も「じゃよ」もいないので、聞いていると違和感が有ります。

二つ目は、「新橋のサラリーマンに聞いてみました」って言うリポート。
なぜ、サラリーマンなのか?
一人一人、「サラリーマンですか?経営者ですか?」って聞いてかられリポートしてるんでしょうかね?
おそらく、ビジネスマン=サラリーマンって感じで使っているんだとは思いますが、聞いていると違和感が有ります。

三つ目は、町にいる年配の方へのインタビュー。
「お父さん」「お母さん」って呼びかけることが多いですよね。
子どもがいない人もいると思うんですよね。
おそらく、深く考えないで使っている言葉なんだとは思いますが、聞いていると違和感が有ります。

みなさんは、いかがでしょうか。