少し前のこと、近所の郵便局に行った時に、同支部の大先輩の司法書士と会いましてね。
「ボクの知り合いに聞いてみると、電子定款を利用している司法書士は一人も居ないんですけど、利用してますか?」と聞かれました。

さて、そんな電子定款。
隣接県に設立をする会社なんですけどね。
いつもは、A公証役場に行ってるんです。
でも、なんだかシックリ来ない公証役場でして。
きっと、私の性格に合っていないんだと思います。

で、今回は変えてみることにしました。
前出の公証役場が指定される前の初代電子定款だった頃に行ったことが有るB公証役場にしてみました。

久々だったので、電話で問い合わせてみると、「事前FAXを送ってください」と。
FAXしたところ、しばらくして公証役場から返信FAXが。

定款の内容に問題が無い旨と、選択する公証人等が記載されていましてね。
データを送信したら、予約とか不要なので好きな時に来てくださいって感じの内容でしたね。

なんだか、これまでの公証役場とは違うシステマチックな公証役場のような感じがしました。

ゴタゴタ言われたり、公証人のスケジュールに合わせるのが苦手な性分なので、私には合っているかも知れませんね。