いやー、今日は疲れた。
ホント、疲れた。
え?どれぐらい疲れたかって?
司法書士の皆様には分かると思いますので、想像してみて下さい。
融資がある決済に、売主が登記済証を忘れて来ました。
ね、考えただけで疲れるでしょ?

さて、以前見ていた「チーム・バチスタの栄光」
その、第2弾「ジェネラル・ルージュの凱旋」が放送中ですね。
前作同様、見ています。

前作と大きく違うのが、メインでる最終回までのナゾがありながらも、1話完結の話が毎回あることでしょうか。
ここのところは、最終回が近いこともあり、メインの話が中心ですけどね。

で、昨日の放送を見た方、いますかね?
登場人物の一人宛てに、書留郵便が。
書留

「司法書士門脇法務事務所」・・・なんと!事務所所在地も電話番号もない封筒です。

おぉー!司法書士なんて珍しい、一体何が出てくるんだ?・・・と期待をしてみました。
識別情報通知が出てくるのか?はたまた登記済権利証が出てくるのか?

開封!
えーーーーーーーーーーーーっ!
登記事項証明書

登記事項証明書1通を書留かよっ!

・・・チョット↑画像をクリックして拡大してみて下さい。
不動産番号が11桁か。
地番・地目・地積に、抹消線が引かれてる。
てか、認証がない・・・。

などなど、突っ込みどころ満載ではありますが、撮影の小道具としては、紙の雰囲気といい、体裁といい、なかなか良い線行ってると思うんですが、いかがでしょうか?