毎週末のお約束になりつつあるプールめぐり。
今日も、長女・二女と三人で隣区のプールへ。
ここも、初めて行ったプールですが、仕事ではクルマでちょくちょく前を通っています。

入場料は、私が300円で長女が100円。
二女はフリーです。
2時間を超えると、超過料金が発生します。
が、2時間ぐらいでちょうど良いですね。

流れるプールや小さな滑り台がある幼児プールもあり、子どもたちも大満足でした。
また行きたいと思えるプールでした。

帰宅して、テレビで高校野球地区大会の西東京大会を観ました。
東東京大会に参加していた我が母校の日大豊山は準々決勝敗退。
今年はベスト8。
でも、ベスト8に残るのは大変です。
とても楽しめましたよ。

今日の西東京大会準決勝第一試合は、日大鶴ヶ丘×日大三。
実況の中で再三「兄弟校対決」との言葉が聞かれましたが、去年も書いたとおり、この表現に違和感があるのは私だけ?

去年のブログ
てか、第二試合の早稲田実×早大学院も同じような関係ですよね。

最後にいきなり仕事の話題。
しかも報酬のこと。

先日、行政書士から相続登記の依頼がありました。
遺産分割協議書だけ先方が用意し、その他の書類は当方作成。
相続証明書や評価証明書もすべて揃っている事案。

行政書士から「依頼者が見積額によっては自分で登記をすると言っている」と言われましたが、私はそう言うことは気にしないので、安くすることもなく通常どおりの見積もりを出しました。

通常どおりと言うのは、旧報酬基準の各加算も含めた最高額です。
で、依頼者の方は登記をしたことがある知人から、司法書士の報酬額について情報収集していたようなんです。
が、私の見積額ならありがたいと言ってたそうです。

「司法書士の報酬額について情報収集」が怖いところで、万一、今回の事案が戸籍の収集等も当方でする事案だったら、どんな結果になっていたか分からないですよね。