東京地方も木枯らし1号が吹きましたね。
いやー、寒い寒い。
今日は事務所で暖房を入れてしまいましたよ。
月初は、冷房を入れていたような気がします。

さて、先日テレビで見て、キングジムのピットレックを即買いしてしまいました。
いや、ちょうど名刺の整理をどうしようかと思っていたところでしてね。
スキャナで読み取って使えるパソコンソフトなんかも物色していたところなんですよ。

とにかく、いただいた名刺がたまりますよね。
整理下手なので、あ〜わまで頭文字で整理しているだけ。
しかも、会社名でせいりしたか、個人名で整理したか忘れちゃったりして。
そんなわけですから、探すとなると大変で大変で。

で、先日「Mr.サンデー」でこの商品を紹介していましてね。
さっそく、ぐぐってみました。
商品ページやら、カカクのクチコミやらを見ましてね。

結局、カカクの最安値の店でポチりました。
以前にも別の商品(デジカメ)で利用した店なので、安心感はあります。
今回も、日曜の深夜に発注して、火曜日には届きましたからね。
緩衝材とかの梱包も完璧でした。

さてさて、肝心の商品ですが、とにかくパソコンとかに依存しない商品なんです。
ピットレックだけで全てを完了します。
二次利用とかもできません。
ホント、「デジタル名刺ホルダー」と言う言葉そのままです。

使い方は上記の商品サイトを参照して下さい。
簡単に説明すると、本体に名刺を挟み、内蔵のカメラで名刺を撮影すると、OCRで会社名と個人名が認識されて、本体に登録されます。
また、予測によるフリガナも登録されます。

で、肝心の認識率ですが、イマイチ良くありません。
司法書士の名刺は、ほとんどが一発で読み取れました。
ゴチャゴチャと書いてある名刺だと、会社名を個人名と認識したり、所属団体を会社名と認識したり、グダグダです。

しかも、キーの操作がしにくいので、修正が大変。
まぁ、慣れちゃえばそうでもないですけどね。
でも、めんどうです。

当然ですが、電話番号やFAX番号やメールアドレスは登録されませんし、登録する項目もありません。
てか、名刺の写真が登録されるから登録する必要がないです。

それと、2次元バーコードが印刷されている名刺を見かけますよね?
試しに、ピットレックに取り込まれた名刺写真の2次元バーコードをケータイで読み取ってみました。
2次元バーコードの大きさにもよるとは思いますが、全部の2次元バーコードを認識することができました。

今回ピットレックを購入することにより、名刺を取捨選択する良い機会になりました。
必要な名刺は、すべてピットレックに取り込みました。
今後の名刺管理は上手くできそう・・・なの?

とにかく、個人名でも会社名でも検索できるのは便利です。
「名刺管理ツール以外の何物でもない」と割り切れる方にはオススメです。