某所からのリンクが貼られると、アクセス数が多くなりますね。
いかに、先方の読者が多いかと言うことですよね。
とりあえず、コメントを残して来ました。

いつも書いていますけど、オンライン申請に関しては申請人側と法務局との温度差が激しいと思います。
ほぼ100%オンライン申請をしているからこそ感じるのかも知れませんが、もう少し申請人側がどのような操作をして登記申請をしているのかを理解してくれても良いような気がします(申請後にオンライン申請システムから配信される各種メールに関しても)。
とにかく、地元の出張所の職員の方と話をしていても噛み合わないことが多々ありますので。

さて、本題は全く違う内容です。
チョット、お雑煮のことでも。
長女に毎月送られてくるベネッセの教材。
今月は1月号と言うこともあり、正月ネタが満載でした。
そのサブテキストの中に、各地のお雑煮が紹介されてましてね。

私は、東京生まれの東京育ち。
必然的に、東京の雑煮で育っています。
長女の教材に掲載されていた東京の雑煮は、まさに我が家の雑煮でした。

澄まし汁の中に、焼いた角餅・鶏肉・なると(orかまぼこ)・三つ葉が入っています。
それだけです。
最近、澄まし汁は丸三食品のふりだし専門ですね。
間違いなく、確実な味が出ますので。

この、東京の雑煮がサッパリしていて好きですね。
ちなみに、今日の夕飯も雑煮でした。
しかし、教材を見てみると、各地にいろいろな雑煮がありますね。
みそ仕立てとか、具がたくさん入っている物とか、餅が入っていない雑煮なんかも紹介されていました。

ただ、実家にいたときは1日だけ東京の雑煮ではない日がありました。
それは、母親が、父親の出身地である静岡の雑煮を作る日です。
ぶっちゃけ、苦手でしたねー。
里芋とか入っていたりして。

ちなみに我が家は、正月ではなくても雑煮を食べます。
今年は、長女も餅デビューしましたし(今までは食べませんでした)。
鏡開きもしたばかりなので、しばらく餅を食べる機会も多そうです。