今日は朝から登記・供託オンライン申請システムの障害。
申請自体は可能でしたが、電子納付ができない状況でした。

最初、出張所に問い合わせたら「こちらでは分からないので・・・」と、サポートに問い合わせて欲しいと言われましてね。
サポートに問い合わせたら「システムに障害が発生しています」と。

う〜ん、こう言うことってリアルタイムで現場が把握できていないと利用者が困りますよね。
出張所に再度電話をし、サポートでシステム障害が発生していると言われた旨を伝えると、逆にお礼を言われたりして。
どうにかならないですかね?

さて、本題の取扱店の表示について思うことでも。
まず、先例。

抵当権等の設定登記と取扱支店の表示の可否【追沓苅僑押
《登記権利者・登記義務者》《抵当権設定申請書記載事項》
 申請書に取扱支店の表示をして抵当権又は根抵当権の設定の登記の申請があつた場合には、その登記において取扱支店を表示してさしつかえない。
(昭36.5.17、民事甲第1,134号民事局長通達・先例集追沓毅苅己如登研166号16頁〔解説付〕、月報16巻8号151頁)

これだと、本当に要旨だけなんですよね。
これしか読んだことがない方も多いかも知れません。
で、詳細を。

昭和36年5月17日 民事甲1134
-----------------------------------------------
抵当権等の登記において取扱支店を表示することの可否
-----------------------------------------------

〔要旨〕 会社が登記権利者たる抵当権等の登記において、当該会社の取扱支店名を表示することができる(この場合には、抵当権者たる会社本来の表示(本店、商号)のほか、その次行に取扱支店名を括孤書であらわすのを相当とする。なお、支店の所在については、これを省略することができる)。
(照会) 銀行における抵当権又は根抵当権の設定に関する登記申請は、本店を住所とし代表取締役名をもってなし、支店は単にこの手続を取扱うだけでありますので、登記簿には取扱支店はなんら表示されておりません。このため該物件に関する差押、競売、その他一切の通知書はすべて本店に送達されて参ります。
ところで、本店としては、全国にわたる多数の支店によりなされた登記をすべて把握することは、上記のとおり登記申請手続を支店に任せている関係上極めて困難でありまして、本店に送達された書類を取扱支店に廻付するにあたって、その支店を探知するのに多くの時間を費し、はては郵送等の遅延に際しては債権届出期日に間に合わない事態も生じ、不測の損害を被ることも懸念されます。
もっとも、この点については抵当権者を支店名にて登記することは妨げないとされておりますが(明治35年7月8日民刑第634号、昭和35年3月29日民事甲第747号による局長回答)、銀行業界の実情は支店長の更迭が頻繁のためか支配人登記をしておる例は極く稀れで、当行も支配人登記は行なっておりません。
ついては、当行としては左記のとおり本店の住所、商号、代表者名のつぎに取扱支店の所在及び支店名を付記して登記申請をいたしたいと存じますが、かかる登記申請を行ないました場合、取扱支店名を本店名についで登記簿に記載して頂けるかどうかお伺いいたしたく、上記の点ご詮議のうえ何分のご回答賜りたくお願いいたします。
         記
  東京都千代田区丸の内弐丁目五番地壱
      株式会社  三 菱 銀 行
      代表取締役
  取扱支店の表示
         市    町    丁目    番地
                             支店
                                 以上
(回答) 貴見のとおり申請書及び登記簿に支店を表示することができるものと考える。
なお、登記簿に支店を表示するには、次の振合によるのが相当であるから、併せて周知されたい。
登記簿
(昭和36年5月17日民事甲第1134号・民事局長回答)

・・・と言うのがこの先例の内容です。
太字と下線は私が施しましたが、これが取扱店の表示ができるようになった理由です。
ですから、私は銀行の他、○○公庫・○○機構など、規模が大きい金融機関には認められている表示だと認識していました。

で、今では住宅金融支援機構のフラット35など、銀行以外の金融機関が取扱店になる案件が多いですよね。
最近では、抵当権設定登記の書類と一緒に下記のような案内を渡されます。
取扱店

まだ、このような案内が渡される前のことなんですが、取扱店の登記の可否について地元の出張所で登記官と話をしたことがありまして。

私は、「住宅金融支援機構」は取扱店の表示が可能な金融機関なのだから、取扱店として「○○株式会社」までは登記をしてくれと主張しました。
何も「○○株式会社××支店」と登記をして欲しいと言ったわけではありません。

法務局側としては、上記の先例を持ち出し「○○株式会社」は取扱店の表示ができない金融機関なのだから、その表示を登記することはできないと言われました。
結局、着眼点が違うので、話は平行線のまま。
その旨を取扱店の担当者に話をすると、「取扱店の表示がされなくても良いですよ」とのことでした。

実際のところ、未だに取扱店の登記ができないことに納得していないんですけどね。