今日、登記完了証を見ていまして・・・あ、オンラインの方です。
チョットしたことに気付いたんですけど、代理人の電話番号って反映されていないですよね。
なんで、反映しないようになっているんでしょうかね?

ところで、今日、代理権不消滅による抵当権抹消登記を申請しました。

 登記申請代理権の不消滅に関する不動産登記法26条3項の規定が適用される場合の申請書の添付書類等については、次のとおり取り扱って差し支えない。

 登記申請の委任をした法人代表者の代表権限が消滅した場合において、その委任を受けた代理人が当該委任に係る代理権限証書を添付して登記の申請をするとき

1 申請書に添付された登記申請の代理権限を証する書面の作成名義人である法人の代表者が現在の代表者でない場合における代表権限を証する書面には、閉鎖登記簿謄本(作成後3か月を超えるものであっても差し支えない。)が含まれる。
 なお、右のような書面を添付して申請をするときは、当該代表者の代表権限が消滅している旨を明らかにする必要がある。
2 当該代表者が代表権限を有していた時期を当該法人の登記簿で確認することができる場合の「当該法人の登記簿」については、登記用紙の末尾に閉鎖した役員欄の用紙が編綴されているときには、この閉鎖した役員欄の用紙を含むものとして取り扱う。
3 登記の申請が細則42条1項又は42条ノ2第1項の申請である場合においては、当該代表者の印鑑について商業登記規則第9条ノ2の規定による処理がされた印鑑紙が保存されているときであっても、印鑑証明書の提出を要する。
(平6.1.14、民三第366号民事局第三課長通知・先例集追治毅僑科如登研556号126頁〔解説付〕、月報49巻2号102頁)


上記のようになっていますので、「その他事項欄」に代表権限が消滅している旨を明らかにしました。
それと、問い合わせの電話が来ても面倒なので、上記先例番号も併記しておきました。
ってことは、登記完了証にも記載されちゃうわけですよね。
まぁ、良いや。

話しは変わりますが、昨日の正午で地上アナログ放送の番組が終了しました。
また、本日の0時で停波して砂嵐の画面となりました。

このブログで、初めて地上デジタル放送に関することを書いたのが2006年2月9日のようです。
5年以上前ですね・・・って、二女が生まれる前のことです。
まだまだ先と思って書いていたと思いますが、あっと言う間に過ぎ去ってしまいました。
ちなみに、その時の記事で書いた内容と、現在の我が家の状況はまったく違っているから笑えます。

唯一、地上アナログ放送が受信できていたクルマのカーナビ。
今朝、家を出るときにつけて見ましたが、ホントに砂嵐でした。
なんだか、一つの時代が終わったような気がします・・・なーんて書きながら、クルマでも地デジを見ていたのでアナログの方は使っていなかったんですけどね。

さて、本格的に夏が戻ってきたような感じがします。
もうじき7月も終わり。
長女の尻を叩いて、とっとと宿題をやらせねば。