この仕事をしていると、原本還付をする書類が多いですよね。
あ、原本還付とは、登記申請をする際に書類の原本と写しを法務局に提出して、登記完了時(不動産登記場合)に書類の原本を返して(還付して)もらう手続きのことです。

今は、ほとんどがオンライン申請なので、事務所で申請書類の作成をしていますが、以前は立ち合いの席から法務局に行って、法務局で書類の作成をしていました。
その際に、厄介なのが原本還付をする書類の写しに「原本還付」や「原本に相違ない」とかのゴム印を押印したり、書いたりすることでした。
しかも、複数件の登記申請にそれぞれ原本還付種類があったりしますからね。

以前、支部の方と話しをしているときに「あ、それ良いな!」と思うことを聞きまして。
それ以来、原本還付をする際は、その方法を利用しています。
事務所で書類を作成することが多くなった今でも、利用しています。

↓こんな用紙を作っておきます(A4サイズ)。
原本還付

あとは、この用紙を表紙にして、原本還付をする書類の写しを綴じて契印をするだけ。
外出先で急いでいるときなんかでも、ガチャガチャと綴じて、契印をポンポン押すだけなのでラクです。

とても役に立つアイデアを教えてもらいました。
同じような方法で書類作成している方も多いんでしょうかね?