一昨日、昨日と書けませんでした。
一昨日は、東京司法書士会の定時総会で、終了後に支部のみなさんでちゃんこ鍋を食べに行きました。
昨日は、大島小松川公園に遊びに行き、帰りに妻の実家に寄って帰宅しました。

そんなわけで、両日とも帰宅後は疲れ果ててしまいました。
日能研のことも書きたいのですが、その辺は後日にでも。

さて、やっぱり今日の話題と言えば金環日食でしょう。
少し前に書きましたが、日食グラスも用意していたので、準備は万全。
残す不安は天候でした。

数日前からの天気予報を見ていましたが、東京は曇そうな感じでした。
で、いつものとおり今朝6時15分に起きてみたら、何とか晴れ間が出ていましたね。
先日調べてみたのですが、我が家の3階東の部屋に日が射してくるのは7時15分ぐらいでした。

雲も出ていましたけど、なんとか金環日食の時間まで太陽を観察することができました。
しかし、事前の予測どおりの時間に、みごとな金環日食を見ることができましたね。
子どもたちも楽しんでいました。

次に東京で金環日食が見られるのは300年後とか。
もう、肉眼で見ることはないでしょうね。

そうそう、今日の日食のために日食グラスを用意された方!
まぁ、私もそうなんですけどね。
近々、もう一度使う機会があります。
6月6日に「金星の太陽面通過」を見ることができます。

こちらも、今世紀で見られるのはこれっきりのようです。
次は105年後の2117年だそうですので、お見逃しなく。