今月の初めに東京ディズニーシー(以下、TDS)に行って来ましたが、来年の1月に再びTDSに行くことになりました。
先日、妻の実家に行ったときに、妻の妹家族と行くことになりましてね。
今年の東京ディズニーランド(以下、TDL)に引き続きとなります。
子どもたちは今から大喜びしています。

TDLと言えば、こんなCMありましたよね。
なつかしいです・・・って、年取った証拠ですね。


ところで、東京ディズニーリゾート(以下、TDR)のパークチケットと言えば、金券ショップで買い取りや販売をしているのを目にします。
店頭の貼り紙などでも目に付きますからね。

金券ショップだといくらぐらいが相場なのかと思い、ネットで調べてみました。
が、軒並み「買い取り中止」。
何があったのかと調べてみると、原因は入場ゲートの仕様変更だそうです。

従来は、駅の自動際札の切符のようにゲートのこっち側から挿入すると、パスポートに穴が開いてあっち側から出てくる仕様でした。
しかし、最近ではディズニーeチケットと言うものがありまして。

これは、自宅で購入して、自宅で印刷をするチケットで、入場する際にはゲートのキャストに提示すると、キャストにQRコードを読みとってもらう方式です。
で、最近、このQRコードを読み取れる新仕様のゲートの設置が始まったようです。
飛行機の搭乗ゲートの機械みたいな感じですかね?

この新仕様のゲートだと、従来のパスポートもバーコードを読み取って入場するようになるようです。
つまり、使用済みのパスポートでも穴が開いていないわけです。
まだ設置台数は少ないようで、先日TDSに行ったときは、従来型のゲートでしたけどね。

そこで困るのが金券ショップ。
持ち込まれたパスポートに穴が開いていなくても、未使用かどうか分からないですからね。
そんなわけで先月ぐらいから、軒並みTDRパークチケットの買い取りを中止しているようです。

私のところにも送られてきますが、株主だと年に2回パークチケットが送られてきます。
私は毎回使っていますが、中には金券ショップで処分をしている株主も多いようで(ちなみに譲渡禁止ですけどね)。
今後、どうなるんでしょうかね?