昨日、テレビのニュースで平泳ぎのルールが変更になるかも知れないと言う話題が取り上げられていました。
スタートで飛び込んでから15Mまでは潜水でき、ドルフィンキックを何回でもおこなえるようになるとか。
まぁ、我が家の娘たちにとっては、今のところ次元が違う話ですけどね。

さて、そんな感じでスイミングを続けている娘たち。
先日も書きましたが、テストで合格できなかった二女。
年長の100M個人メドレー合格基準タイムは2分35秒でしたが・・・
記録

ラップ1がバタフライ、ラップ2が背泳ぎ、ラップ3が平泳ぎ、ラップ4がクロールです。
昨年9月の記録会のときのタイムは、背泳ぎ25Mが33秒32、クロール25Mが30秒02でした。
最後のクロールは疲れもあると思いますので仕方ないと思いますが、背泳ぎが不調ですよね。
バタフライもベストのときと比べると、タイムがイマイチ良くなかったです。

年度が替わり1年生になったので、100M個人メドレーの合格基準タイムは2分30秒になりました。
15秒を縮めるのはキビシイと思う反面、各泳法をタイムが良いときの状態に近づければクリアできなくはないとも思ったりしています。

先日指摘されたキック力の増強については、近所のプールに連れて行って、浮力が弱いビート板で板キックの練習をすれば、そこそこ対応できるかなー?とも考えています。
ただ、泳法全体的な部分に関して教えるのはムリです。

去年から長女が通いだした練習場
定期的に通っていますが、長女のタイムは縮んできました。
二女も通い始めようかな?などと考えています。

幸い、スイミングが大好きな姉妹ですので、レベルアップしつつ、長く続けられれば良いですよね。