毎年、お中元とお歳暮を選びに日本橋三越に行っています。
その際に、必ず買ってくるものが3つあります。

1つ目は、新潟加島屋の瓶詰め。
2つ目は、クラブハリエのバームクーヘン。
3つ目は、モンシェールの堂島ロール。

どれも、おいしいので大好きです。
普段はわざわざ買いに行かないので、年に2回だけ食べるのですが、だからこそ一層おいしく感じるのかも知れませんよね。

で、その中の1つに関してなんですけどね。
先日、事務所に母から電話がありましてね。
「堂島ロールを売っているんだけど食べる?」とのことでした。
買い物に行った先の催事場で販売をしていると言っています。
こちらも仕事中だったので、「あー食べるから買っておいて」程度の回答で電話を切りました。

で、夕方、実家に取りに行ったわけですが・・・堂島スウィーツの「魔法のロール」でした。
だよなー・・・どう考えても堂島ロールのわけないんだよなー。
でも実際、そこの催事場で堂島ロールの販売があったことがあるんです。
ただ、そのときは事前に整理券を発行しての販売でしたからね。

そもそも、私たちには「堂島」ってのになじみがないんですよね。
大阪の地名で、それを商品名や店の名前にしているわけでして。
なので、ウチの母親のような情報弱者には、同じものと言う錯誤におちいってしまうのでしょうね。
両方ともロールケーキだし。

まぁせっかくなので、夕飯後に家族で食べました。
たしかに、おいしいことには間違いないです。
ただ、見た目もそうですが、堂島ロールと魔法のロールは、まったく別物です・・・当たり前だけど。