全国統一小学生テストの内容に触れた昨日の記事ですが、「海外の日系塾はまだ受験していませんので掲載はまだ早いですよー! 」とのコメントが付いたので、該当部分を削除しました。

前回の全統小は運動会の日だったので、長女も後日受験をしましたが、それでも翌月曜日には受験しました。
当然、後日受験だったので正規集計には載らず、受験した塾が結果を出してくれたんですけどね。
過去の開催ですが、海外でも同日開催の国もあるようなのですが、バラつきがあるんですかね?

さて、タイトルの「ら抜き言葉」ですが、私自身も完璧とは言えないと思っています。
が、こだわって行きたいと考えています。
最近、長女の「ら抜き言葉」が少し多く感じられるようになってきました。

まぁ、テレビ番組やCMまでもが「ら抜き言葉」を連発してるので、その影響は少なからずありますよね。
最近のテレビ番組では字幕スーパーが多用されますが、「ら抜き言葉」でも、字幕スーパーは「ら入り」で表示されるんですよね。

「ら抜き言葉は昔からあった」とか「方言から由来している」とか「言葉は変化するものだ」などの意見も多々あると思います。
別にそれらを否定しているわけではなく、子どもたちが国語を学習していく段階なので、私は(妻も)こだわりたいと言うだけです。

多いのが「見れる」とか「食べれる」ですかね?
都度注意はしていますが、なかなかクセは抜けませんね。