昨日とは打って変わって天気が良くなりましたが、風が強く、寒い一日でしたね。
しばらく寒い日が続くのでしょうか?

さて、オンライン申請ばかりしているせいか、久々に書面申請をすると、忘れていることもありますね。
なぜ今回、書面申請をしたかと言うと、東京都の差押抹消登記の嘱託があったので、私の登記申請と連件としたためです。
これがなければ、通常どおりオンライン申請だったんですけどね。

で、A土地の順位番号1番・B土地の順位番号2番・C建物の順位番号3番で登記されていた共同根抵当権の抹消登記を申請しました。
問題なく登記が完了し、完了書類を受領しました。

ここのところオンライン申請ばかりで、登記完了証もオンライン申請のものばかり見ていました。
オンライン申請の完了証も、書面申請の完了証も、「申請受付年月日」「申請受付番号」「不動産」の項目は共通していますが、異なるのがオンライン申請の完了証には「申請情報」、書面申請の完了証には「登記の目的」が項目としてあることですね。
まぁ、オンライン申請の場合だと、「申請情報」の記載内容として「登記の目的」も含まれてしまいますが。

その「登記の目的」ですが、今回のケースだと「1番根抵当権抹消」と、一番最初に記載をしたA土地の順位番号が記載されるんですよね。
つまり、B土地・C建物の順位番号には対応していないわけです。
一瞬、疑問に思ってしまいましたが、こう言うものなんですよね。

登記完了証の様式が、現行のものになる前の様式のときは、「登記の目的」として、単に「登記の抹消」とだけ記載されていました。
その後、現行の様式になってからは、記憶にないぐらい書面申請をしていないってことですね。