〜今日はこんなことがありました〜(livedoor本店)

まさきちB-log −司法書士と子育てをしています−

司法書士業務

「法定相続情報一覧図の写し」を使ってみた5

平成29年5月29日から始まった法定相続情報証明制度ですが、利用していますかね?
周囲の司法書士に聞くと、利用している人、していない人、様々ですね。

私は相続登記の依頼があった時は、制度を説明して、依頼者の希望があれば申出をしています。
また、税理士から相続登記に関係なく、単独で依頼をいただくこともあります。

さて私事ですが、3年前に父親が亡くなっていまして。
各種相続手続きは終了しているつもりでしたが、ここに来て2つの金融機関から、10年間出入金が無い口座の案内が父親宛てに届きました。
両方とも事務所の近所の金融機関なので、仕事柄、お付き合いで作った口座のようです。

早速、両金融機関に行き、念のため必要書類の確認。
A銀行は残高が数万円、B信金は残高が数千円。
と言うことで、A銀行もB信金も相続人代表の私だけで解約手続きができるとのこと。

必要なものとしては、私の印鑑証明書と実印、本人確認資料。
それと当然ですが、戸籍一式ですね。

この、戸籍一式は事務所の金庫に入れっぱなしになっているのですが、せっかくの機会なので、法定相続情報証明制度を利用してみました。
申出から数日後に法定相続情報一覧図の写しを受け取りまして。
私の印鑑証明書と実印、本人確認資料と一緒にA銀行とB信金に持参をして、手続きをして来ました。

いやー、もう簡単なぐらいの速さで手続きが終わりましたね。
まぁ、残高が少ない口座だったと言うこともありますけど、とにかく金融機関としても戸籍調査の必要が無いので楽そうでした。

と言うことで、金融機関などでの手続きに利用する場合だと、便利な制度ではないでしょうか?

会社法人等番号に「加える」閉鎖事項証明書

不動産登記の申請に、会社法人等番号を提供するようになってから、2年チョットが経過しました。
従来添付していた代表者事項証明書の代わりとして会社法人等番号を提供する場合であれば疑義は生じなくなってきていると思いますが、某所の掲示板を見てみると、未だに疑義が生じているケースもあるようです。

金融機関の合併による抵当権移転登記申請に提供する会社法人等番号などです。
Q&Aとか通達を丁寧に読んでみれば解決しそうなんですけどね。

例えば、抵当権者の登記が大阪が本店のA銀行である場合、A銀行が大阪から東京に本店移転をし、商号をA’銀行に変更しました。
その後、東京都○区のB銀行に吸収合併された後、B銀行が東京都×区に本店移転している場合などです。

ちなみに、合併に関する登記事項は閉鎖登記記録に記録されていて、○区から×区の移転に関しては会社法人等番号が変わっていないケースとします。

まず、現在の会社法人等番号を提供すれば、B銀行が「東京が本店のA’銀行」を吸収合併したことと、○区から×区に本店移転したことはわかります。
これに関しては、法務省のQ&AのQ18-1で閉鎖事項証明書の提供を省略できるとされています。

次に今回のケースだと、会社法人等番号に加えて提供しなければならない閉鎖事項証明書があります。
これも法務省のQ&AのQ18-2に記載されている内容です。

つまり、「A銀行が大阪から東京に本店移転をし、商号をA’銀行に変更」した内容の閉鎖事項証明書ですね。
この閉鎖事項証明書に関しては、現在のB銀行と会社法人等番号が異なり、またこの時の会社法人等番号を提供すれば、閉鎖事項証明書の提供を省略できると言う規定が無いからです

某所の掲示板では、「閉鎖事項証明書を添付するように法務局から言われた」と納得が行かないようでしたが、現時点では、そう言うことになってしまっているのだから仕方ないと思います。

とは言え、現在進行形で登記の内容が日々変更されている登記の証明書を会社法人等番号の提供で省略をすることが認められているわけですから、原則として内容が変更されない閉鎖事項証明書も同様に当時の会社法人等番号の提供で省略できるように整備をして欲しいと思うんですけどねー。

何とか乗り切った5

いやー今週は忙しかったです。
そんなわけで、6月も終わりました。
この調子が7月に繋がると良いんですけどね。

さて、そんな6月末日の売買のこと。
原因は「平成29年6月30日売買」です。

当事者が株式会社なんですけど、登記権利者の代表取締役社長はAと言う認識でした。
チョット時期が時期なので、先々週ぐらいに担当者に確認しました。
そしたら、不安的中。
6月27日の取締役会で、代表取締役社長がBになるとのこと。

となると、6月30日に委任状をAさんからもらうことはできません。
しかし、6月30日の段階で、役員変更登記は完了していません。

う〜ん・・・困った。
と言うような事案でしたが、今回は乗り切れました。
乗り切れた理由は以下のとおり。

1.Bが従前から専務取締役だったので、代表取締役として登記されていた。
2.当該会社が所有権移転登記の登記権利者だった。
3.現金購入だったので、担保設定が無かった。

どれか1つでも違っていたら、どうなっていましたかね?
会社の登記事項証明書を見ると、毎回、登記申請は7月中旬だし、この会社は「代表取締役社長」しか押印できないし、今日の日の決済ををズラすことなんかできなかったし。

ちなみに、義務者の会社も役員改選期でしたが、代表取締役は重任でしたので問題ありませんでした。
ただ、権利者・義務者とも役員変更登記を申請されてしまう可能性がありますので、会社法人等番号の提供はせず、作成後1か月以内の登記事項証明書を提供しました

それにしても疲れました。
土日は気ままに過ごそうと思います。

不明瞭な登記統一文字5

オンライン登記申請で、登記統一文字が使われるようになってから、それなりの期間が過ぎました。
事務所のパソコンには、司法書士業務用のソフトを利用しているので、元々、外字フォントがインストールされています。

そして、登記統一文字が使われるようになった時に、登記統一文字と外字がマッチング(関連付け)されましたので、ほとんどの場面で自分で関連付けをする作業をしません。

でも、たまに外字フォントにも戸籍統一文字にも無い文字があります。
その時には、自分で外字を作って関連付けの作業をするわけですが、業務用ソフトに「外字作成ツール」が装備されているので、そんなに手間はかかりません。

一番面倒なのが、住民票の写し等に記載された文字を登記統一文字の中から探す作業です。
画数が少ない文字なら分かりやすいのですが、画数が多く、込み入った文字だと、どれが該当文字なのか悩む時があります。

今回出てきた文字は「ふじ」。
ふじ

この字体は戸籍統一文字にはありません。
戸籍統一文字
右から2つ目と似ていますが「月」の横線の形が違います。

しかし、登記統一文字で検索をしてみると・・・
登記統一文字
・・・この文字ではないかと。
戸籍等一文字と比べると、ドットが目立ちスッキリした表示では無いので、不明瞭なんですよねー。

こんなときは、住民票の写し等に、こんな書面を付けて申請をしています。
依頼書
今までに、このような形で何回か申請をしていますが、特に法務局から連絡が来たことも無く、違う文字で登記されたこともありません。

万一、オンライン申請で選択した文字と住民票の写し等の文字が相違していた場合は、対応してもらえるのではないでしょうか?

フリクションにびっくり5

梅雨らしく、しとしとと雨が降っていた火曜日でした。

でも、しばらく雨は降らないような天気予報ですね。
今年は空梅雨になるんでしょうか?

さて、そんな雨の中、とある会社に書類を預かりに行きました。
預かる書類の内容を確認しようとして、その書類を見た瞬間のこと。
もう、びっくりしましたね。
フリクションで書かれていました。

みなさん、フリクションって使います?
私も当然のように使っています。
ただ、仕事ではほとんど使わないかな?

事務所内のメモ書きのような文書には使いますけど、それ以外では使いません・・・と言うか、使えません。

プライベートでは水泳大会のプログラムにフリクションのマーカーで線を引いたり、タイムをボールペンで書き込んだり。
見間違えて書いちゃったりすることもあるので、こう言うときは便利です。

で、話しを戻して今日のこと。
「これ、フリクションで書いてあるんですけど良いんですか?」と担当者に聞いてみると、「えっ!」と言って絶句。

「9」の縦線が長くて、チョット枠かはみ出していたので「ここ消してみますよ」と、手持ちのフリクションイレーザーで擦ってみました。
面白いように消えましたね。

結論として、先方にあるフリクションのオシリに付いているイレーザーで消して、顧客に書き直してもらうとのことでした。

つーか、担当者はイレーザーで擦れば「消える」と思っていたようです。
「消えているわけではなく、熱でインクが透明になっているだけなので、冷凍庫に入れれば文字も復活しますからね。」と、最後までしっかりと説明をして来ました。

再度、「えっ!!」と言って絶句していましたが、「冷凍庫には入れないから大丈夫です」と言っていたから、大丈夫なんでしょうね。
後のことは知りません。

まぁ、フリクションでの筆跡は、瞬時に判別しておけるようにしておいた方が良いかも知れませんね。

法定相続情報証明情報の申出をしてみた5

今日も暑い一日でしたが、この暑さも今日までのようです。
もうじき梅雨入りでしょうか?

さて、昨日から始まった法定相続情報証明制度。
もう、申出をした方も多いのではないでしょうか?

先週末に、利用している業務用ソフトの「権」のバージョンアップがあり、様式が装備されました。
ちなみに、申出書の様式は法務省のサイトにも掲載されています。

金曜日に委任状を作成し、すでに相続登記に必要な書類を郵送してあった依頼者宛てに追送しました。
今日、法定相続情報証明申出委任状を含めた全書類が手元に揃いました。

で、実際に申出をする段階になって、どのようにすればいいのか?と思い、出張所に確認。
地元の出張所では、相続登記と同時に申出書を提出すれば、相続登記の完了書類と一緒に法定相続情報証明を交付してもらえるとのことです。

と言うことで、相続登記をオンライン申請し、添付書類を持参したときに、申出書・委任状・一覧図の3点を一緒に提出しました。
とりあえず、今回は5通の交付を請求しました。

また、相続登記と一緒ではなく、法定相続情報証明を単独で請求する場合は、1週間程度で交付されるとのことです。
おそらく、全国で同じような扱いとは思いますが、局や支局・出張所によって差異がある可能性もあるので、一応、提出先に確認をした上で利用をした方が良いかも知れませんね。

証明書発行請求機5

こちらは柔らかい内容のブログです→支店

昨日までの気温ではありませんでしたが、ムシムシした一日でした。
明日は朝から雨のようですね。

さて最近のことですが、私の事務所の管轄法務局に置かれている乙号申請書から、会社法人の印鑑証明書請求用の用紙が無くなりました。

厳密に言えば、申請書の棚に入っていないだけで、職員に言えば出してくれます。
今日も何人かの一般の方が、職員に印鑑証明書の申請書を出してもらっていました。

なぜ外に出しておかないのか?と言うと、「証明書発行請求機」を利用させたいのでしょうね。
私は登記事項証明書はオンラインで申請していますが、印鑑証明書に関しては証明書発行請求機を利用しています。

しかし、証明書発行請求機は2台しか設置されていません。
そして、操作に慣れていない方が操作をしていると、なかなか引換券の発券まで進まず、長蛇の列になっていることも少なくありません。

正直、こちらは少しでも速く交付をして欲しいから証明書発行請求機を利用しているのに、証明書発行請求機をなかなか利用できないのでは本末転倒ですよね。

証明書発行請求機の操作に不慣れな一般の方には、証明書発行請求機の利用を強制するような態勢にするのではなく、気軽に書き込めば取得できるように申請書を置いておく方が良いと思うんですけどいかがでしょうか。

不動産取得税の計算5

今日も暑い一日でしたね。
そんなわけで、今週も一週間の仕事が終わりました。
連休明けだったので、疲れ気味かも。

さて、私の事務所では「権」と言う業務用ソフトを使っています。
ちなみに「ちから」よ読みます。

何種類かの業務用ソフトが発売されていますが、当事務所としては2種類目の業務用ソフトになります。
まぁ、「権」を使い出してからの方が長いですけどね。

法改正があると、内容がバージョンアップされるので、常に最新の状態で使っていますが、少し前にも新機能が装備されるバージョンアップがありました。

不動産取得税の計算機能ですね。
不動産取得税は、登録免許税と同じく固定資産評価額を基に算出する税金なので、頻繁では無いにしても、不動産業者から税額を聞かれることがありませんか?

今までは、ネット上の計算サイトで計算をしていましたが、今後は「権」の機能を使って計算できます。
試しに計算をしてみたら、こんな感じ。
不動産取得税
念のため、いつも使っているネット上の計算サイトでも計算をしてみましたが、同じ結果になりました。

次のバージンアップは、法定相続情報証明制度に関する内容でしょうかね?
これに関しては、その内、記事にしたいと思っています。

意外と読み込めるんですね5

登記識別情報通知のQRコード読み取りようにQRコード(バーコード)リーダーを購入してから、早くも2年がたちました。
やはり、大量でなく1通だったとしても識別情報の読み取りがラクになりました。

最近では業務用ソフトのバージョンアップにより、レターパックの管理ができるようになりました。
そんなわけで、レターパックのバーコードを読み取るのにも利用をしています。

で、決済の事前準備に、不動産業者から資料のFAXをもらうと思います。
その中には登記済証や登記識別情報通知もあると思いますが、たまーに開封済みの登記識別情報通知がFAXされてくることがあります。

こんな風に。
登記識別情報通知
そんなに汚れてはいない方かも知れませんが、それでもノイズは入っています。

で、試しにこのQRコードをリーダーで読み取ってみました。
何の問題もなく登記識別情報を読み込むことができました。

コピー+FAXと、原本から2段階の処理がされていても、意外と読み込めるものですね。

電子証明書の更新が完了した5

12月に入りましたが、忙しいでしょうか?
私の事務所は、そんなにバタバタすることもなく、まったりと時間が過ぎています。

さて、オンライン申請をされている方の中には、電子証明書の更新時期になっている方も多いのではないでしょうか?
一番早い方ですと、2017年の1月が有効期限となっています。

私の電子証明書も2017年の1月が有効期限でしたので、更新の手続きをしました。
歴代電子証明書の頃から数えると、数回目の手続きとなりますが、滅多にやらない手続きなので慣れませんね。
とは言っても、送られて来る書類のとおりに進めていけばムズカシイことはありません。

書類は本人限定受取郵便で送られてきますので、郵便局で受け取ります。
手数料を振り込み、申込書に手数料の領収書のコピーを同封して返送するだけです。

で、先日、新しい電子証明書が発行された旨の郵便が本人限定受取郵便で送られてきました。
昨日、郵便局へ行って受け取り、事務所に戻り早速ダウンロード。
業務用ソフトの「権」の機能の一つである、電子金庫に取り込んで終了です。

無事、新しい電子証明書が使えるようになりました。
電子証明書
5年後に、また同じ作業をすることになりますね。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

本日もお越し頂きまして、ありがとうございます。m(._.)m

同じカテゴリーでの情報を知りたいなら・・・
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ

メッセージ
記事検索
最新コメントの表示
livedoor プロフィール
ただ今の時間は…
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

オススメはコチラ!
月別アーカイブ
QRコード(ケータイは↓から)
QRコード
  • ライブドアブログ